コーチ・カウンセラーとして副業を始めてみる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

すべてのコーチ・カウンセラーは、民間資格です。

言い換えると、法律上は、誰でも名乗ることができます。

たとえば、行政書士は業務独占資格です。

行政書士でない人は、

行政書士と名乗ることも、行政書士業務をすることもできません。

一方で、保育士は、名称独占です。

保育士資格を持っていない人が、保育士を名乗ることはできません。

しかし、保育士業務をすることはできます。

だからこそ、ベビーシッターという職業が成り立つわけです。

コーチやカウンセラーは、名称独占でも、当然に業務独占でもありません。

誰でも行えるものです。

だからこそ、私は辛い思いを知っている人が行うべきだと思っています。

もちろん、技術は必要です。

ですが、それよりも資質が大切だと私は思っています。

その資質の一番重要な部分は、

「私は、クライアントの一生の味方だ」と、

覚悟を持てることだと考えています。

このような覚悟を持たない人が、

コーチになっているせいで、

コーチ業界はおかしなことになっています。

コーチ・カウンセラーというのは、

本気で人助けをしたい人だけがなる職業です。

そういう人が、学習をして、経験を積めば、

技術はしっかりと身に付きます。

ですから、突拍子もないように感じるかもしれませんが、

ぜひ一度、副業としてコーチ・カウンセラーというものを考えていただきたいです。

自分の辛い経験が必ず役に立つ仕事です。

より詳しいことについては、下記のステップメールでご説明していますので、

興味があれば、ご登録ください。

いつでも、簡単に解除できますから、

無料特典だけダウンロードして解除してくださっても結構です。

メール発行スタンドの都合により、氏名の記入が求められますが、
「匿名 希望」または「Masahiro Mikuni」のような記入でも結構です。
もちろん、偽名でも大丈夫です。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える, パワハラ脱出副業・起業 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。