「仕事は楽しむもの」という考えは危険【退職できないジレンマを解消する。】

 仕事が楽しくないと言うと、

「仕事は楽しむものだよ」という人がいます。

 

 これが全面的に間違っているとは思いませんが、

 7割は間違っていると思っています。

 

 なぜ、楽しくないものを、

 無理に楽しまなければならないのでしょうか。

 飲み会で無理にテンションを上げるようなもので、

 とても不自然な行為です。

 

 仕事が楽しくないなら、

 楽しまなければいいです。

 楽しくないことを楽しむことに無駄に精神力を使うぐらいなら、

 退職できないジレンマをどうやって解消するかを、

 考えたほうが建設的です。

 

 人間の脳は、したくないことのためには働きません。

「こうしたい」と思う方向にだけ、働くようになっています。

 

 ですから、仕事が楽しくないなら、楽しまなくてもいい。

 自分がどうしたいか、まずは自分のビジョンをワクワクしながら想像しましょう。

 そうすると、必要な情報が勝手に入ってくるようになります。

 それが、人間の脳の仕組みなんです。
  
 

 これは、ポジティブであれと言っているのではなくて、

 脳を適切に使おうと言っているだけです。

 心理学的に、脳科学的に、そのほうがあなたにとって利益があるから、

 そういっているだけ。

 

 無理に楽しもうとすると、いつかうつになります。

 ブレーキを踏みながら、アクセルを踏んでいるのだから、

 エネルギー消費も激しいに決まっています。

 自分が楽しいと思うものだけを楽しめばいい。

 仕事がつまらないなら、それでいいんです。

 楽しそうな仕事を探す方が、よほどメンタルヘルスにもよいですよ。

【実践編】

1 「仕事は楽しむもの」という考えの問題点を3つ挙げましょう。
  例:楽しくないものを楽しむのはストレスになる。 仕事を楽しんでいないことが悪いことのように思うようになる。など

2 「仕事は楽しむもの」と、あなたは子供たちに伝えたいかどうかを考えて下さい。
  ちなみに、私は嫌です。楽しいことを仕事にしてほしいと思っているからです。

関連記事
 
 あなたが会社を辞められない理由

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。