ゴール設定は、検索エンジンのごとし【退職できないジレンマを解消する。】

「せどり」はおすすめしないという記事を書いたら、

「せどり」で検索してくる人が増えました。

 これは、脳の仕組みととても似ていると思います。

 
 
【理論編】

 心理学で、プライミングと呼ばれる現象があります。

 たとえば、「虫」という言葉を示しておいて、

「くも」という単語を見せると、

 虫のクモに対する反応速度が上がる。

 反対に、「空」という単語を示しておいて、

「くも」という単語を示すと、

 雲に対する反応速度が上がります。

 

 つまり、人間の脳は、

 ある入力に対して、自動的に反応をしてしまうことがある。

 これが、脳は否定形を理解できないといわれる根本理由です。

 

「会社に行きたくない」と思っているとき、

 脳には必ず一瞬、会社に行く様子が浮かびます。

 そして、それを打ち消しているのです。

 

 打ち消してはいますが、一瞬思い浮かんでいるので、

 たとえば、「道路」と言われて思い出すのは、

 たいていは、通勤途中で自分が見ている道路になります。

 否定しても、プライミングは働くわけですね。

 これが、「せどり」事件と似ているわけです。

 私が「せどり」とブログ記事に書いたために、

 それをキーワードに検索して入ってくる人が増えたわけです。

 

 昔から、縁起の悪い言葉は口にだすなと言いますが、

 それは、意識がそちらに向いてしまうから。

 自分が増やしたくないものを、増やしてしまうからです。

 

 ですから、自分が何を望まないかではなくて、

 自分が望むものに意識をフォーカスするようにしましょう。

 そうすることで、少なくとも、

 見たくないものを見る回数は減ります。

 自分が本当に進みたい方向に、力を注ぐことが

 しやすくなりますよ。
 
 
【実践編】

1 ゴールを、肯定文で書きましょう。

2 ゴールに意識を向け続けましょう。

関連記事

 理論的な立ち位置のまとめ

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。