パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

パワハラ脱出の第2ステップ【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

 メンタルコントロールの技術を身に付けたら、
 次は、経済問題に取り組みます。
(前の記事は こちら )

 なぜパワハラを受けてまで、そこにとどまるかと言えば、
 基本的には定期収入を得るためですよね。

 もちろん、しっかりとメンタルコントロールができていないと、
「辞めたい」と思うだけで、辞めるための方法にまで、
 意識が及びません。
 だから、最初に、メンタルコントロールの技術を身に付ける。
 
 そして、冷静になってから、
 頭を最大限に使って、
 他の定期収入を確保する方法を探すのです。

 念のために書いておくと、
「後任がいないから辞められない」というのは、
 ほとんどの場合は、思い込みです。

 後任を見つけるのは会社の役割です。
 そもそも、パワハラをすること自体が、
 会社が労働者の安全を配慮する義務に反しています。
  
 自分が義務を果たしておらず、
 さらに、後任を探す義務まで放棄させたら、
 甘やかしすぎだと思いますけれどね。

 いずれにせよ、あなたは定期収入を確保する必要がある。
 そして、できればそれは、人の役に立つものでしてほしいのです。

 辛い体験をした人にしかできないこと、というものがあります。
 その体験を活かして、他の人を助ける仕事をしてほしいのです。
 そして、それを定期収入とする。
 そうすると、あなたは人の役に立ちながら、自分を助けることもできる。

 これが、私が提供するサービスの基本的なコンセプトです。
 
 もう少し、退職できないジレンマを解消するステップについて、
 細かく知りたいと言う方は、こちらの記事をご覧ください。

 私の言っていることが、理想論ではなく、
 現実的なプロジェクトであることを、
 納得いただけると思います。
 

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「耐える」以外の選択肢はある!

 パワハラ・職場いじめを受けていて、    その状況に慣れてしまうと、   「耐える」という選択肢を選びがちになります。        この状態を、心理学では …

no image

後任を見つけるべきは、会社だ。【退職できないジレンマを解消する。】

会社を辞められないというご相談で、よくあるのが「後任がいないから、退職は許可できない。」というものです。 そして、「後任を見つけてこい」というんですね。 これを聞くと本当に腹が立つのですが、後任を見つ …

no image

セルフトークのコントロールで、自分の心を守る。【退職できないジレンマを解消する。】

 セルフトークのコントロールは、  本来は、コーチングの技術です。  つまりは、目標達成のために使う技術です。  しかし、これは自分の心を守るためにも使えます。    まず、セルフトークといいうのは、 …

no image

パワハラの証拠がないときは、どうすればよいのか?

パワハラの証拠がないときはどうすればよいのでしょうか? 証拠作成の専門法律職である行政書士が、解説します。   【1】証拠は絶対に必要 パワハラ問題解決には、絶対に証拠が必要です。 なぜなら …

no image

3つの側面から、価値を見る。【退職できないジレンマを解消する。】

バリュー・プロポジションというものがあります。これは、自社が提供できて、他社は提供できない、顧客が望んでいる価値のことです。このバリュープロポジションこそが、自社が提供する核となる価値となります。 — …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。