他者評価ではなく、自己評価を上げ続ける。【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 他者評価を上げようとすると、

 自己評価は下がります。

 上に媚びようとしている姿を、

 好む人はいません。

 

 一方で、

 自己評価を上げると、

 他者評価も上がります。

 オードリーの春日さんは、

 キャラとして自信満々を演じていますが、

 そのキャラに憧れる人が続出しました。

 余裕があることは、人を引き寄せるのです。

 基本的に、

 自分が自分をどう評価しているかと、

 他人が自分をどう評価しているかは、

 比例します。

 

 自己評価が低いときには、

 他者評価を求めがちですが、

 それをすると、さらに自己評価が下がります。

 

 ですから、そこは歯を食いしばってでも、

 自己評価を高めるのです。

「私が、こんな状況に追い込まれているのは、

 絶対におかしい!」と思うようにするのです。

 

 自分を高く評価することの大切さは、

 どれくらい言っても足りません。

 

 なぜなら、

 自己評価の低い人は、

 他者を利用して、自己評価を上げようとするからです。

 

 他者を貶めることによって、自己評価を上げようとすると、

 それはパワハラ・いじめなどの形になります。

 また、現実的なところで言えば、

 自己イメージが低いと、

 会社を辞めることもできなくなります。

 

 自己評価を上げましょう。

 セルフイメージ、自己イメージを高く高く保つだけです。

 

 これは心の中だけでできることです。

 それは簡単なことではありませんが、

 取り組む価値のあることです。
 
【実践編】

1 自分の心の中の声を、書き出しましょう。
  その声は、あなたの自己イメージを反映しているはずです。
  そこから、自己イメージを確認しましょう。

2 どのようなゴールを達成したいのかを考えましょう。

3 ゴールを達成するためには、どのようなセルフイメージが必要かを考えましょう。

4 そのセルフイメージを、ずっとずっと保ち続けるのみ!

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。