パワハラから脱出する唯一の方法【退職できないジレンマを解消する。】

 パワハラから脱出できない理由は、

 3つあります。

 1 心理的理由
 2 法律的理由
 3 経済的理由

 

 1つは、心理的理由です。

 簡単に言えば、退職することに対する拒否感です。
 
 退職することは逃げに当たるのではないか、

 退職を申し出ること自体が怖い、

 もしくは、退職したあとのことを考えると不安になってしまう。

 

 2つ目は、法律的な理由です。

 たとえば、契約により退職ができないという状況ですね。

 しかし、この法律的理由のほとんどは、心理的理由です。

 つまりは、法律的に退職できないと、

 思い込まされているだけ、ということです。

 3つ目の理由が、経済的理由。

 これが一番大きいのではないでしょうか。

 転職できる人であっても、転職すれば収入が下がる。

 転職できない人は、収入のめどが立たなくなる。

 だから、退職できない。

 耐えるしかない。

 

 しかし、本当にそうでしょうか。

 心理面を整えて、

 法律的な勘違いを解消し、

 経済的なリスクもほとんどない、

 退職の仕方があります。

 

 これは、私が

 プロコーチであり、

 行政書士であり、

 さらに、自らも脱サラをしているからこそ、

 お伝えできるものです。

 

 その方法については、

 こちらで詳しくご説明していますので、

 ご希望の方は、こちらをご覧ください。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。