辛い体験をした人こそ、幸せになるべきだ。【トラウマを克服して、強みに変える】

苦労しているほうが偉いとは、

絶対に言いません。

 

普通以下のことをして、

苦労をする人は,

因果応報だと思います。

 

でも、

普通にしているだけなのに、

とことん苦労させられる人がいます。

 

【1】業務命令に従ったら、パワハラターゲット

私の知っている、

本当にくだらない職場いじめの原因の1つは、

会社からの出勤要請にこたえたこと、というものがあります。

休業予定だった日を、営業することにしようとして、

上司から、「営業することになったけれど、出勤できる人いますか?」と、

打診があった。

 

それに、Xさんは出ますよと、答えた。

Xさんは、上司に媚びを売っていると、言われるようになった。

そこから、職場内いじめが始まった。

 

実際には、Xさんは出勤すると言ってはいなくて、

「出勤すると言った」という噂が広まったのですが、

どちらにせよ、それは職場いじめを受けるような出来事でしょうか。

 

媚びを売っていると思うのは、おそらく普通のことでしょう。

それが取り立てて劣ったものとは思いません。

【2】加害者は「普通以下」

でも、それをきっかけにパワハラ・職場いじめをするのは、

普通以下です。

では、パワハラを受けた普通の人が、

一般的にはどういう状態になるかと言えば、

先に辞めざるを得なくなるわけです。
いい人から会社を辞めざるを得なくなる。

 

会社を辞められない人は、体調を崩して、

辞めざるを得なくなる。

この状況は、絶対におかしい。

だから、そういう人に向けたプログラムを作っています。

 

自分の心と身体を守ることができるようになり、

心が傷つきにくくなる、そして、心の回復が早くなる、

人の目を気にせずに動けるようになる、

心が折れなくなる、

自分の目標に向かって動き続けられるようになる、

そういうプログラムです。

自分の心の仕組みを活用して、

折れない心を持ちたい方は、

ぜひこちらをご覧ください。

間違いなく、あなたのお役に立つと思います。

 

是非一度、お目通しください。

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。