上司を見れば、会社がわかる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

なぜ、あの人が役職につけたの? 疑問でしかたない私の上司のダメダメ・エピソード
一般的に能力が高くなければなれない「役職者」ですが、みんながみんな「あの人こそ上に立つべき人」とまわ……….≪続きを読む≫

【理論編】

「なぜ、あの人が役職につけたの?」という、

 ニュース記事です。

 しかし、私は逆だと思います。

 そういう人だからこそ、役職につけた。

 言い換えると、そういう会社だから、

 そういう人が役職に上がるようになった。

 

 上司が、

 仕事をせず、

 部下の仕事の成果を自分のものにして、

 気分のムラがある幼稚な人なら、

 そういう会社だということです。

 

 そういう人が、

 評価される会社であるということです。

 

 だから、

 なぜあの人が役職につけたのか、は、

 考えても無駄です。

 そうではなくて、

 そういう人が評価される会社であり、

 そういう考え方が、評価される会社だということです。

  

 これから、

 会社の内情を知っていく人は多いでしょう。

 しかし、同僚や先輩からは、

 会社が本当に大切にしていることは、見えません。

 

 会社の理念は、上司の姿に反映されます。

 ですから、上司の人となりだけを、

 しっかりと見ればいい。

 

 そうすれば、

 その会社が、

 どのようなことに意識を集中しているのかが、

 嫌と言うほどわかります。

 

 もし、上司が人間的に尊敬できない人ばかりなら、

 辞める準備をしたほうがよいでしょう。

 なぜなら、そこはきっと

 善い人から辞めていくような、会社である可能性が高いからです。

【実践編】

1 上司の言動をみましょう。

2 上司の上司の言動をみましょう。

3 会社の将来を想像しましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。