ブラック企業から抜け出そう。【退職できないジレンマを解消する。】

え…ウチも!? あなたの会社の「ブラック度」がバレバレ判定リスト5つ
あなたは「もしかして、ウチの会社ブラック!?」などと思ったことはありませんか? 企業の中にはブラッ……….≪続きを読む≫

【理論編】

 当然ですが、ブラック企業の定義はありません。

 しかし、1つだけ言えるのは、

 労働関係の法律を守ろうとしない会社は、ブラック企業です。

 この定義に基づくと、

 多くの会社がブラックになります。

 でも、それは仕方ありません。
 
 

 雇用に関係する法律を守りたくないなら、

 そもそも、人を雇うべきではないのです。

 

 過去に、「この会社は、法律をきっちり守っている」と、

 自慢げに話している経営者を見たことがありますが、

 それは自慢になることではありません。

「私は、遅刻したことがありません。」と、

 自慢しているようなものです。

 

 もちろん、さまざまな事情で、

 法律を守れないときもあります。

 しかし、そもそも守るのが当然であるという意志がない会社は、

 ブラックと考えていい。

 

 ただ、もちろん、

 自分の勤めている会社がブラックだと思ったところで、

 自分が悲しくなるだけかもしれません。

 

 それでも、ブラック企業であることを無視して、

 ただ耐えるより、

 今の状況をなんとかするために動くほうが、

 建設的です。

 辞められないジレンマを解消する方法はあります。

 そのような方法をまとめていますので、

 興味があるかたは、ぜひ下のほうの画像をクリックしてください。
 
【実践編】

1 あなたの勤めている会社が、法律を守ろうとしているかどうかを確認してください。

2 法律を守ろうとしていない会社なら、いますぐ転職その他の方法を考えましょう。

3 定期収入の面で転職などを考えられないときは、下記の画像をクリックしましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。