紹介で入った会社で、パワハラを受けた場合【退職できないジレンマを解消する。】

「紹介で入った会社で、辞めにくい」と、

 相談を受けることがあります。

 紹介で入ったところなので、
 
 辞めると紹介をしてくださった人に迷惑がかかる。

 一方で、パワハラ・職場いじめに、耐えられない。

 どうすれば、よいかというものです。

 

 この状態に陥ると、

 多くの人がうつ病、その他の病気になって、

 会社を休職することになります。

 

 そうならないようにするには、

 いくつかの方法論があります。

1 パワハラを辞めさせる。

2 辞めても、紹介者に迷惑が掛からないようにする。

 パワハラを辞めさせる方法は、

 いくつかあります。

 しかし、いずれもセーフティーネットがあるからこそ、

 実行ができます。
  

 言い換えると、

「自分は退職になっても困らない」という状況にならないと、

 実行は難しいと言わざるを得ません。

 

 私はプロですので、

 どうやって、証拠を集めたらよいか、

 どうやって証拠を使ったらよいかは、

 お伝えすることはできます。

 しかし、基本的には「戦う」という選択肢は、

 自分が辞めても困らないという状況でのみ、使えます。

 ですから、先にセーフティーネットの構築が必要となります。

 

 セーフティーネットの構築方法については、

 下のほうにある大きな画像をクリックしていただければ、

 細かくご説明しております。

 よろしければ、ご覧ください。
 
 

 もう一方の、退職しても紹介者に迷惑がかからないようにする、

 というのは、基本的には簡単です。

 先に相談しておけばよいのです。

 

 私も、他の専門家を紹介することはあります。

 

 そのときに一番ショックなのは、

 紹介したことで、ネガティブな結果が出てしまったことを、

 後から知ったときです。

 

 先に相談してくれれば、

 私からその紹介先に話をすることもできますし、

 話をすることができなくても、

 「私の顔を立てなくてもいい」と伝えられます。

 

 そして、紹介先から先に削ることもできます。

 でも、後から知った時は、ただただ申し訳なくなるだけです。

 

 ですから、紹介で入って辞めにくい場合は、

 先に紹介者に相談をしておきましょう。

 もちろん、紹介者が自分の顔を立てて続けてほしいという場合もありますが、

 それは相談してみないとわからないことです。

 そして、一度、事前に相談したという事実があれば、

 退職したときも、紹介者を説得しやすく、

 納得を得られやすくなります。

 

 ですから、紹介で入ったという場合は、

 先に紹介者に、相談をしておくことが、おすすめです。
 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。