本気でやりたいことを考えてみる。【退職できないジレンマを解消する。】

 さすがに、

 

 スノータイヤを変えなくてはならないなと、

 

 思っています。

 

 したくないことは、

 

 ギリギリまでしないことを、

 

 TOCでは「学生症候群」と呼びます。

 

 

 

【理論編】

 

 自分がやりたいことを考えるのは、

 

 とても大切です。

 

 やりたいことを考えれば考えるほど、

 

 現状に不満が出るからです。

 

 

 

 現状に不満があることは、

 

 悪いことではありません。

 

 現状に不満があって問題となるのは、

 

 欲望を他人から植えつけられているときです。

 

 

 

 本当は、欲してないものを、

 

 CMなどを見ることで、

 

 ほしいと思わされることです。

 

 

 

 自分が、こうなりたいというものがあり、

 

 現状に不満を感じると、

 

 人は自然と行動を取り始めます。

 

 そこに、やる気は必要ありません。

 

 

 

 第三者から見ると、やる気があるように見えるだけです。

 

 本人は、現状がイヤで、そして早く目標に到達したくて、

 

 行動しているだけです。

 

 

 

 このような状態になるには、

 

 本当にやりたいことを、

 

 意識しておくことが必須です。

 

 

 

 もちろん、

 

 やりたいことがわからないという場合も

 

 あるでしょう。

 

 

 

 その場合は、

 

「仮にやりたいこと」を

 

 見つけておくだけでいい。

 

 

 

 とりあえず、会社を辞めて、場所に制限を受けず、

 

 自由に生活をしたいと思い描くだけでもいい。

 

 それが本当にやりたいかどうかはわからなくても大丈夫です。

 

 

 

 人は、自分がまったく無関心なことを

 

 ゴールに掲げることはできません。

 

 あなたが掲げたゴールには、

 

 かならずあなたがやりたいことが含まれています。

 

 しかし、今は自分ではよくわからないので、

 

 とりあえず掲げておく。

 

 そして、現状への不満と、ゴールへの渇望を作って、

 

 自分を動かしていく。

 

 

 

 そうすると、

 

 動いた先で新しいやりたいことが見つかってきます。

 

 

 

 現状に満足しないようにしましょう。

 

 もちろん、常に現状に不満足な状態は、辛い状態です。

 

 しかし、現状に満足して、チャンスを逃し続けるよりは、

 

 ずっとずっと幸せであることを、保証しますよ。

 

【実践編】

 

1 ゴールを設定しましょう。

  ゴールは、達成できないだろうけれど、自分が本当にやりたいことです。

  本当にやりたいことがわからないときは、仮のゴールを設定します。

 

2 現状とのギャップを、思う存分感じましょう。

 

3 行動をしたくなったら、許容損失の範囲内でGOです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。