パワハラのトラウマを解消する。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】

 

 パワハラ・職場いじめ・職場でのモラハラで、

 

 トラウマを抱えてしまう場合があります。

 

 

 

 このトラウマの解消に向けて、

 

 さまざまなセラピーがあります。

 

 その基本となるのが、暴露法です。

 

 簡単に言えば、

 

 安全な状況で、その記憶に何度もアクセスすることで、

 

 脳に、その記憶を思い出しても安心だと教える技術です。

 

 

 

 たとえば、ヘビ嫌いを治したいとき、

 

 最初はヘビのおもちゃを見ることから始める。

 

 そして、ヘビのおもちゃを手に取ってみる、

  

 次に、たとえば本物のヘビの写真をみてみる。

 

 このようにして、少しずつ慣らしていく。

 

 すると、恐怖感情が少しずつ弱まり、

 

 最終的には怖くなくなるわけです。

 

 

 

 この暴露法はとても有効です。

 

 ただ、本来は、恐怖を直視する必要がないのです。

 

 

 

 脳は、ゴールを設定すると、

 

 ゴール達成のために、情報を勝手に整理します。

 

 たとえば、テレビで冒険家をみて、冒険家に憧れて、

 

 なりたくて仕方がない、という状況になれば、

 

 自然とヘビ嫌いはなくなります。

 

 

 

『glee』というアメリカの人気ドラマの中で、

 

 潔癖症の女性がいるのですが、

 

 その女性は、自分が好きな男性には、触れることができます。

 

 もちろん、これはドラマの設定ですが、

 

 本当にそのようなことが起きるのが、脳です。

 

 

 

 トラウマを克服したいときも考え方は同じです。

 

 本来は、トラウマを思い出す必要がない。

 

 自分が達成したいと思うゴールに向かうときに、

 

 トラウマが障害となれば、

 

 トラウマは自然と思い出さなくなります。

 

 

 

 もちろん、セラピーを受ける必要がないというわけではありません。

 

 私も、うつ病治療中のクライアントの場合は、

 

 絶対に医師の指示には従うように伝えます。

 

 治療は治療として必要です。

 

 ただ、それでは十分ではない。

 

 治った後にどうするかがないと、

 

 やはり治療は進みにくいのです。

 

 

 

 セラピーを受けながら、同時に、

 

 ゴール設定をしておくことで、

 

 相乗効果が生まれるということです。

 

 

 

 ゴールを設定しておきましょう。

 

 トラウマを克服して何をしたいかを、

 

 少しだけ、考えてみましょう。

 

 

【実践編】

 

1 トラウマを克服したら何をしたいかを、イメージしましょう。

 

2 そのイメージを楽しみましょう。楽しくないなら、イメージしなくても大丈夫です。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。