ゴールを意識して、トラウマを思い出しにくくする。【トラウマを克服して、強みに変える。】

 もう少しで入園式。

 

 少しだけさみしい気持ちがありますが、

 

「助かるなぁ」というのが本音です。

 

 子供は、大人の都合を考えてはくれませんからね。

 

【理論編】

 

 トラウマの解消は、私の専門ではありません。

 

 しかし、必然的に取り扱うことになるものです。

 

 

 

 私がやるべきことは変わりません。

 

 常にゴールを意識し、

 

 ゴールに向かいつつある自分を感じるように、することです。

 

 

 

 脳は、ゴール達成のために働きます。

 

 ゴールと現状のギャップを感じて、

 

 ゴールこそが自分のふさわしい世界だと感じれば、

 

 その達成のために動きます。

 

 

 

 知恵の輪が解けると思っていれば、

 

 脳は必死に解決方法を探します。

 

 

 

 知恵の輪は解けないと思ったら、

 

 解決法は探しません。

 

 

 

 ゴールがあり、その達成ができると思っていることが、

 

 脳を働かせるのです。

 

 

 

 あなたがそこに至るための方法を、自然と探し出します。

 

 そして、邪魔なものは自然と取り払うようになります。

 

 

 

 あなたが知恵の輪を解けると思っていれば、

 

 過去に知恵の輪が解けなかったこと、

 

 論理思考に苦手意識があることなど、

 

 自分の邪魔をする記憶は、自然と思い出さなくなるのです。

 

 

 

 トラウマを忘れようとすれば、

 

 自然と思い出さざるを得なくなります。

 

 わざわざ、その回路にアクセスしなければなりません。

 

 

 

 そのようなことをする必要はない。

 

 ただ、ゴールを設定して、その実現にだけ意識を向けていればいい。

 

 そして、ゴールの実現に向けて、できることをどんどんやっていく。

 

 

 

 そうすれば、過去の辛い過去も、少しずつ薄れていきます。

 

 完全に記憶がなくなるわけではありません。

 

 ただ、その悪影響を受けなくなるのです。

 

 

 

 コーチングを受けると、

 

 過去の記憶があいまいになる人が多いです。

 

 それは、自分にとって大切なものが変化するから。

 

 

 

 どれだけ一生懸命に暗記した単語でも、

 

 必要でなくなれば、忘れるのが普通です。

 

 感情が入っている分、トラウマはやっかいですが、

 

 基本は同じです。

 

 

 

 ゴールを意識しつづけ、

 

 トラウマがまったく重要でないことを脳に教えることで、

 

 少しずつ薄れさせることができるのです。

 

【実践編】

 

1 ゴールを設定しましょう。

 

2 ゴール実現に向けて、動きましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。