将来への不安が消えないときは【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 

 人間は、期限がわかっていれば耐えられます。

 

 

 

 いきなり牢屋に閉じ込められても、

 

 それが20日間だと分かっていたら、耐えられます。

 

 しかし、それがいつまで続くのかわからないと、

 

 精神が耐えられなくなります。

 

 

 

 だからこそ、ゴールが必要となるのです。

 

 パワハラ・職場いじめの恐ろしいところは、

 

 いつまで続くか分からないことです。

 

 だから、自分で期限を決めるしかありません。

 

 脱出するための条件を満たすように、

 

 自分で動くようにするのです。

 

 

 

 転職エージェントに登録しておくのは必須です。

 

 しかし、登録してもいつ転職が決まるかはわかりません。

 

 ですから、自分で動くようにするのです。

 

 転職ができなくても、退職できる状況を作りましょう。

 

 

 

 そのために絶対必要となるのが、

 

 やはりゴール設定です。

 

 目標があるからこそ、耐えられます。

 

 目標を設定しましょう。

 

【実践編】

 

1 ゴールを設定しましょう。

 

2 ゴールを達成すべき自分の自己イメージを作りましょう。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。