パワハラ・職場いじめで失った自信を取り戻す。【退職できないジレンマを解消する。】

 会社でパワハラを受けている。

 

 会社でいじめを受けている。

 

 だから、会社に行きたくない。

 

 けれど、会社を辞めることができない。

 

 

 

 このような状況が続くと、

 

 自分に自信がどんどんなくなります。

 

 否定的な言葉をかけ続けられて、

 

 平気な人なんていません。

 

 

 

 学習性無気力という、心理学用語があります。

 

 これは、大雑把にいうと、

 

 無力感を学習すること、

 

 自分には、現状打破はできないと思い込んでしまう状態です。

 

 

 

 

 このような状態から逃れるにはどうすればよいのか。

 

 自分の自信を奪うものを、

 

 完全に打ち破ってしまえばよいのです。

 

 まず、自分の心を守る技術を身に付けて、

 

 心が傷つかないようにする。

 

 心の回復力を高めて、すぐに冷静に慣れるようにする。

 

 動じない心を手に入れることで、自分に自信が付きます。

 

 次に、積極的に行動を起こすための技術を身に付けて、

 

 現状打破に向けて動き出す。

 

 

 

 実際に、現状打破に向けて動き出すことで、

 

 さらに自分に自信が持てるようになる。

 

 学習性無気力から抜け出して、

 

 現状をなんとかしようとしているからこそ、

 

 自分を高く評価できるのです。

 

 

 

 そして、現状打破のための行動の中に、

 

 定期収入の確保を含めておく。

 

「自分は辞めても困らない。」という、安全地帯を作るのです。

 

 そうすることで、あなたは、

 

 会社の脅しに屈しなくなります。

 

 こうすることで、完全に自分に自信を持つことができるようになります。

 

 

 

 自分に自信を失いかけている人が、

 

 完全に自信を取り戻すことができるようになる、

 

 その方法について興味がある方は、

 

 こちらをお読みください。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。