パワハラ・職場いじめに、ただ耐える必要はない。

 当然ですが、

 

 パワハラ・職場いじめに、

 

 ただ耐える必要はありません。

 

 

 

 もちろん、

 

 後先を考えずに退職したり、

 

 もしくは退職覚悟で訴えたりするのも、

 

 おすすめはしません。

 

 

 

 私がお勧めするのは、

 

 もっと現実的な方法です。

 

 

 

「いつでも退職できる」という状況をまずは作り出す。

 

「私は、会社を辞めても何も困らない」という状況を作る。

 

 

 

 そうすれば、

 

 あなたは会社に対して、堂々といることができます。

 

 

 

 会社を辞めたいなら、辞めることができる。

 

 会社を辞めたくないなら、

 

 残って、職場環境の改善に

 

 力を注ぐこともできる。

 

 

 

 自信を取り戻すことも、

 

 当然にできるでしょう。

 

「我慢するしかない。」と思って、

 

 上司や、職場いじめに耐えているとき、

 

 自己肯定感は必ず下がってしまいます。

 

 

 

 しかし、そのような言動に対して、

 

 きっぱりと

 

「辞めてください」と述べることができるようになる。

 

 なぜなら、あなたは辞めても困らないからです。

 

 そのような人々に

 

 無理に合わせる必要がないからです。

 

 

 

 自分が正しいと思ったことができるからこそ、

 

 自分に自信が持てるようになります。

 

 

 

 では、どうやったら

 

 自分は辞めても困らないという状況を作ることができるのか。

 

 その方法を、

 

 7日間の講座として、

 

 わかりやすくまとめました。

 

 

 

 興味がある方は、下の画像をクリックしてください。

 

 きっとあなたのお役に立てると思っています。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。