ゴールを設定することの効果

 コーチングでは、ゴールを設定します。

 

 ゴールというのは、

 

「現状維持では達成できないけれど、

 

 絶対に達成したいこと」です。

 

 今のままでは達成できないけれど、達成したい。

 

 そして、達成できるという自信があって、

 

 ゴールと現状のギャップを認識すると、

 

 人は、そのギャップを埋めようと行動を始めます。

 

 

 

 無意識の注意が、ゴールに近づくことに向いているので、

 

 自然とゴールに関する情報が集まってくるようになります。

 

 たとえば、ミスチルファンは、ミスチルの情報を集めようとしなくても、

 

 勝手に集まってくるようになります。

 

 自然とその情報に反応するのです。

 

 

 

 注意がゴールに向く結果、

 

 ゴールから遠ざかる情報については、

 

 無意識が自然と集めなくなります。

 

 勝手にシャットアウトしてくれるようになるのです。

 

 

 

 そうすると、自分が認識する情報が、

 

 ゴールに関係するものだけになっていきます。

 

 退職を考えていたら、

 

 いつも退職に関する情報が自然と集まってきて、

 

 逆に仕事を続けることについての情報が、集まらなくなるのです。

 

 

 

 これは無意識によって行われる情報の選別ですが、

 

 その結果、ゴールを達成する方法が、自然と見えてくるようになります。

 

 今まで気づかなかった情報が、バッと見えるようになるのです。

 

 見つからなかったメガネが、実は目の前にあったことに気づくようなものです。

 

 

 

 このようにして新しい情報が見え始め、

 

 新しい方法を発見し、

 

 逆に関係のない情報がどんどんそぎ落とされる結果、

 

 自分がどんどん、ゴール基準で物事を考えるようになります。

 

 

 

 音楽家がなんでも音楽に結び付けてしまうように、

 

 ゴールを基準として、物事の価値をはかるようになります。

 

 この価値体系ができあがると、記憶さえ変わります。

 

 過去の悲しい出来事も、思い出さなくなります。

 

 これは抑圧ではなくて、単に重要でなくなるのです。

 

 私達が、横断歩道の縞々の数を覚えないように、

 

 単に重要でないから、記憶に留めなくなります。

 

 

 

 つまり、私たちはわざわざ、過去の記憶を思い出す必要はありません。

 

 ゴールを設定して、そのゴール達成に向けて行動を起こすことで、

 

 ゴール達成の重要性を高めていくことによって、

 

 不要な記憶は思い出さなくなり、

 

 思い出すとしてもむしろ学びの経験として、

 

 思い出すようになります。

 

 

 

 ですから、今、辛くても、

 

 何かゴールを設定して、

 

 その達成に向けて動きましょう。

 

 過去を振り返る必要はありません。

 

 ゴールを設定しましょう。 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。