辞めるのは逃げではない。

 パワハラなどを受けて退職を考えたときに、

 

 一般的には「逃げではないか」という思いが出るはずです。

 

 

 

 しかし、退職できない一番の理由は、

 

 経済的理由です。

 

 

 

 自分が、経済的に退職することに全く問題がない、

 

 つまり「辞めても私は何も困らない」という状況にあるとして、

 

 それでも退職するかどうかで悩むでしょうか。

 

 パワハラを受け、それを克服することを目指すかどうか、ということです。

 

 

 

 金銭的な余裕があるなら、

 

 私ならすぐに辞めます。

 

 そして、自分をもっと活かせる場所を探します。

 

 

 

 ここは私には合わなかったと判断するだけで、

 

 逃げとは捉えないでしょう。

 

 

 

 もし「逃げ」があるとしたら、

 

 自分のやりたいことがあって、

 

 そこに向かう途中に出てきた障害を、

 

 見ないふりをすることだと思います。

 

 

 

 言い換えれば、

 

 どうしてもこの会社で働き続けたい、

 

 という思いがないなら、

 

 退職することが逃げになることはありません。

 

 

 

 もしくは、もっともっと心を強くしたいという思いがないなら、

 

 同様に、「逃げ」とはなりません。

 

 

 

 会社を辞めたいと思っていたり、

 

 心を強くしたいと思っているなら、

 

 そのための努力をしましょう。

 

 もし、「逃げ」という言葉を使うなら、

 

 その努力をしないことが「逃げ」に当たるかもしれません。

 

 

 

 いつでも会社を辞められると思える、

 

 自分は心が強くなったと思える、

 

 そうなれば、自分の意見もしっかりと言えるでしょう。

 

 自分と同じように困っている周囲の人々のためにも、

 

 動くことができます。

 

 自分が、正しいと思っていることができるようになります。

 

 

 

 それは同時に、

 

 自分に対する自信のなさや、

 

 将来にたいする不安を、

 

 なくしてくれるものです。

 

 

 

 もちろん、

 

 その状態に至るためには、

 

 まず定期収入を得る方法を見つける必要があります。

 

 また、定期収入を得る方法が見つけるまでに、

 

 心と身体がもつかどうかもわかりません。

 

 さまざまな障害が横たわっています。

 

 

 

 しかし、そのための方法論はすでにあります。

 

 どのようにすればよいのか、興味がある方は、

 

 ぜひ一度、下の画像をクリックしてみてください。

 

 

 

 そのための方法論が、順序をおってわかりやすく書かれています。

 

  

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。