「耐える」以外の選択肢はある!

 パワハラ・職場いじめを受けていて、

 

 その状況に慣れてしまうと、

 

「耐える」という選択肢を選びがちになります。

 

 

 

 この状態を、心理学では

 

「学習性無気力」と呼びます。

 

 

 

 パワハラ・職場いじめ・モラハラ・セクハラなど、

 

 受けたときに心の中で反発心が出てくるなら、

 

 まだよいのです。

 

 

 

 問題は、これが出てこなくなること。

 

「仕方ない」と、自分で納得させるようになり、

 

 かつ、状況改善のための行動をとらなくなることです。

 

 

 

 ただ、もちろん、状況改善のために動くのは、

 

 言うのは簡単ですが、実行するのは難しい。

  

 それができないから、悩んでしまうのです。

 

 

 

 この場合に、まず確認してほしいのは、

 

 あなたがどのサポートが必要なのか、ということです。

 

 サポートには、大きく分けて3つあります。

 

 1 カウンセリング

 

 2 コーチング

 

 3 ティーチング

 

 

 

 カウンセリングは簡単に言えば、

 

 マイナスの心理状態をフラットにすること。

 

 あなたが学習性無気力の状態にあるのであれば、

 

 まずはマイナスの心理状態をゼロにするのが、

 

 カウンセリングです。

 

 

 

 コーチングは、

 

 簡単に言えば、「○○できる」と思えるようにプラスの心理状態にすること。

 

 たとえば、状況を改善できる、

 

 職場を辞めることができる、上司にイヤと言える、のように、

 

 私にはできるんだと思えるようにするのが、コーチングです。

 

 

 

 最後に、ティーティングは、「○○できる」のその具体的な方法論を伝えることです。

 

 耐える以外の方法論について学ぶ、

 

 つまり、「ではどうすればよいのか」、という質問に答えるものです。

 

 

 

 

 もしあなたが、マイナスの心理状態にあるなら

 

 カウンセリングを受けるのがよいでしょう。

 

 

 

 マイナスというわけでないけれど、

 

 プラスでもないときはコーチングを受け、

 

 プラスの心理状態なら、

 

 ティーチングで方法を学ぶのがよいでしょう。

 

 

 

 精神的にフラットな状態にあるから、

 

 目標を持つことができる。

 

 

 

 ポジティブな心理状態だから、

 

 新しい方法を身につけることができる。

 

  

 

 このカウンセリング・コーチング・ティーティングという順番こそが、

 

 職場ハラスメントから脱出するときに、一番大切な順番です。

 

 

 

 あなたは今、どのサポートが必要な段階でしょうか。

 

 一度、確認してみてください。

 

 

 

 そして、もし、

 

「耐える」以外の方法論について知りたいと思い、

 

 それを身につけられる心理状態であるならば、

 

 ぜひ下の画像をクリックして、具体的な方法論を身につけてください。

 

 

 

 耐える以外の方法論は、あります。

 

 ですから、もしあなたが耐えるしかないと思っているなら、

 

 ぜひ登録して、その方法をみにつけてくださいね。

 

 

 もう少し詳しく説明した動画を作りました。

 

 よろしければこちらもどうぞ。

 

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。