パワハラ職場から脱出する最初のステップ

 パワハラ・職場いじめを受けていると、

 

 何が正しいのか、よく分からなくなってきます。

 

 自分に自信がなくなってきます。

 

 

 

 私も、

 

 パワハラを受けていたときは、

 

 冷静ではいられませんでした。

 

 

 

 私は、自分でカウンセリングもしますし、

 

 コーチングもします。

 

 ですから、心が働く仕組みについては、

 

 よく知っているつもりです。

 

 

 

 ですが、それでも、

 

 自己肯定感を高く保つこと、

 

 自己有能感を高く保つことは、

 

 難しかったと言わざるを得ません。

 

 

 

 ですから、

 

 もし今、自信がなくても、

 

 自分が有能だと思えなくても、

 

 それは仕方のないことです。

 

 

 

 セルフカウンセリングや、

 

 セルフコーチングを学んでいたとしても、

 

 それが実行できるとは限りません。

 

 

 

 ですから、最初にしてほしいことは、

 

 しっかりとした専門家に相談に乗ってもらうことです。

 

 

 

 申し訳ないですが、

 

 一般的なアドバイスというのは、

 

 ほとんど役に立ちません。

 

 

 

 アドバイスというのは、

 

 目的と状況をしっかりと踏まえたうえでしかできません。

 

 

 

 法律家は、パワハラに備えて証拠を集めろと言います。

 

 もちろん、私もそう言いますが、

 

 それができるのは

 

 かなり心身が回復した後だけです。

 

 

 

 カウンセラーは、自分を認めなさいと言います。

 

 確かに私もそのように言いますが、

 

 それだけでは、パワハラは解決しません。

 

 自分を認めることが終わったあとに、

 

 何をするかが大切なのです。

 

 

 

 コーチは、

 

 目標を持つようにと言います。

 

 

 

 もちろん、私もそのように言うのですが、

 

 精神状況が安定していない状況で、

 

 目標を持つというのはとても困難です。

 

 明確な目標を掲げること自体が難しい。

 

 

 

 起業コンサルタントは、

 

 具体的な起業のステップを教えてくれますが、

 

 それを実行するためのエネルギーがないのが、

 

 パワハラ被害者なのです。

 

 

 

 

 パワハラ被害者の心理状況を見ながら、

 

 そのときどきに必要なサポートをするには、

 

 心理面、法律面、経済面についての、

 

 それぞれについての専門知識が必要不可欠です。

 

 

 

 ですから、

 

 素人に相談してもあまり効果はありません。

 

 

 

 パワハラ問題は放置しても解決せず、

 

 私の経験上は、6ヶ月が冷静でいられる限度です。

 

 その後は、冷静な判断さえもできなくなるので、

 

 できるだけ早く、専門家にご相談されることをおすすめします。

 

 

 

 もし、私のほうにご相談いただきたい場合は、

 

 こちらのほうから、ご連絡ください。

 

 右側のほうに、私のメールアドレスが書かれています。

 

Youtubeも本格的に始めました。チャンネル登録はこちらから。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。