解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費 

 

 

 

 パワハラや、

 

 職場で嫌がらせを受けていると、

 

 どんどん行動力が奪われていきます。

 

 

 

 体力を回復するために

 

 エネルギーを使ってしまい、

 

 解決に向けた行動がとれなくなるのです。

 

 

【2】耐えても改善はない

 

 

 耐えても終わるとは限らないのが、

 

 職場ハラスメントです。

 

 

 

 そして、耐えても、

 

 改善があるとも限りません。

 

 

 

 多くの場合は、

 

 耐えれば耐えるほど悪化します。

 

 

【3】専門家が必要な問題

 

 

 多くの場合、

 

 友人・知人に相談することで、

 

 乗り越えようとします。

 

 

 

 しかし、

 

 職場ハラスメントの問題は、

 

 素人による解決は、まず無理です。

 

 

 

 心理面のサポート、法律知識や法律技術、

 

 時には経済面でのサポートまで必要となる、

 

 複雑な問題だからです。

 

 

 

【4】今すぐ動くことが大切

 

 

 職場ハラスメントの問題は、

 

 できるだけ早くに

 

 解決に向けて取り組んでおくことが

 

 何よりも大切です。

 

 

 

 早目に取り組むほど、

 

 取りうる解決策が多くなるからです。

 

 

 

 

 もし、どうしても専門家に依頼するのが嫌なら、

 

 少なくとも、今できることを書き出して、

 

 現状を打破するための行動を

 

 全部同時に、実行するようにしてください。

 

 

 

【5/5】解決策は、全部同時に実行する。

 

 

 

 どの解決策が、結果に結びついたかを

 

 あなたは検証する必要はありません。

 

 

 

 どの方法が効果的だったのかを知る必要はありません。

 

 ですから、全部、同時に実行すればいいんです。

 

 

 

 1つ1つ実行していたら、

 

 どんどん時間が過ぎていってしまいます。

 

 

 

 できるだけ多くの解決策を実行できるように、

 

 今できることは全部実行するつもりで、

 

 ぜひ動いてくださいんね。

 

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。