パワハラを受けつつ、人の目を気にしないなんて無理!

パワハラや職場いじめ・嫌がらせを受けている状態で、

よく「気にしない方がいいよ」という

アドバイスがあります。

 

しかし、それを気にしないというのは、

可能なことなのでしょうか?

 

人間は、他人の敵意に対して、

敏感に反応するようにできています。

脳の仕組み上、そうなっているのです。

 

ですから、パワハラ行為などを受けつつ、

それを気にしないというのは、

無理なことなんです。

 

だから、

どうしても気になってしまうとしても、

自分を責めないでください。

 

気になるのが自然なことなのですから、

自分が弱い人間だと思う必要は

まったくありません。

 

それどころかあなたは、

パワハラ行為に耐えている強い人です。

 

自分に誇りを持っていただいてよいのですよ。

あなたは、強い人だと

私は思います。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。