パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

パワハラの6類型 パワハラの定義 法律関連 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

厚労省パワハラ6類型「個の侵害」の例

投稿日:2016年8月9日 更新日:

厚生労働省は、パワハラを下記のように定義しています。

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

そして、その上で、パワハラの6類型というものを出しています。

これは、パワハラの典型例を類型として出したものです。

 

この類型に該当しても、

必ずしもパワハラに当たるわけではありませんし、

類型以外のパワハラがないとも言えないのですが、

パワハラ行為であるかどうかに気づくための、

サインとしては役立ちます。

 

 

その6類型の1つに「個の侵害」というものがあり、

その例として、交際相手について執拗に訊かれたり、

妻の悪口を言われることなどが挙げられています。

 

いずれも、労働契約上の指揮命令権からは大きく外れたものであり、

業務の適正な範囲に収まることはまず考えられません。

 

私自身も、家族についての悪口を言われたことがあります。

 

ただ、一般的には家族に対する悪口が、

パワハラ行為であり、会社が撲滅すべき行為だと思っている人は少数です。

 

ですから、「個の侵害」については、

事例などについても、一度、目を通しておくのがおすすめですよ。

 

関連動画

-パワハラの6類型, パワハラの定義, 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けたら、すぐに辞めるのが賢明な判断。

パワハラを受けたら、すぐに辞めるのを考えるのが賢明です。 もちろん、指導監督する立場にある人への相談や、加害者への警告などはしたほうがよいでしょう。 しかし、それらをしてもパワハラが放置され、もしくは …

パワハラなど、辛い状況にあるときのメンタルコントロール術

パワハラを受けているときなど、辛い時には2段階でのメンタルコントロールが必要です。 第一段階はカウンセリング、第二段階はコーチングです。 カウンセリングの目的は、精神的にフラットな状態に戻すことです。 …

no image

希望が、未来を作り出す。

植松努さんの 『好奇心を“天職”に変える空想教室』が、とてもよかったです。   ぜひ、あなたにも読んでいただきたい。 希望が湧いてくる1冊です。 Spencer Means vi …

no image

パワハラ職場から脱出する最初のステップ

 パワハラ・職場いじめを受けていると、    何が正しいのか、よく分からなくなってきます。    自分に自信がなくなってきます。        私も、 …

no image

パワハラを理由に、即日退職できるのか?:パワハラ解決コンサルタントが法的解説

行政書士・プロフェッショナルコーチの三國雅洋です。 今回は、法律編「パワハラにより、即日退職できるのか」について、解説したいと思います。 先に結論を書けば、「権利はないが、有給休暇を利用すれば即日退職 …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。