厚労省パワハラ6類型「個の侵害」の例

厚生労働省は、パワハラを下記のように定義しています。

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

そして、その上で、パワハラの6類型というものを出しています。

これは、パワハラの典型例を類型として出したものです。

 

この類型に該当しても、

必ずしもパワハラに当たるわけではありませんし、

類型以外のパワハラがないとも言えないのですが、

パワハラ行為であるかどうかに気づくための、

サインとしては役立ちます。

 

 

その6類型の1つに「個の侵害」というものがあり、

その例として、交際相手について執拗に訊かれたり、

妻の悪口を言われることなどが挙げられています。

 

いずれも、労働契約上の指揮命令権からは大きく外れたものであり、

業務の適正な範囲に収まることはまず考えられません。

 

私自身も、家族についての悪口を言われたことがあります。

 

ただ、一般的には家族に対する悪口が、

パワハラ行為であり、会社が撲滅すべき行為だと思っている人は少数です。

 

ですから、「個の侵害」については、

事例などについても、一度、目を通しておくのがおすすめですよ。

 

関連動画

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: パワハラの6類型, パワハラの定義, 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。