自己肯定感を高め続けると、嫌がらせはなくなる

自己肯定感を高め続けると、

嫌がらせはなくなります。

 

少なくとも、直接的なものから、

間接的なものへと移行します。

 

そして、さらに自己肯定感を高めると、

間接的なものさえもなくなります。

 

【1】攻撃する人はビビっている

職場であなたに嫌がらせをしてくるバカは、

あなたにビビっています。

 

あなたのことが怖いからこそ、

今のうちに何とかしておこうと、

攻撃をしてくるのです。

 

これは逆に言えば、

今ならあなたに勝てると、

勘違いしているということです。

 

ですから、その勘違いを

解いて差し上げないといけません。

 

【2】手を出したらマズイと思わせる

勘違いを解くとは、

「あなたに攻撃をすると、自分の身が危ない」ということを、

分からせることです。

 

誠実なあなたは、

相手を攻撃したくはないでしょう。

ですから、抑止力を見せつけるのです。

 

いつでも、ミサイルを撃ち込めるんですよと、

分からせてあげることです。

 

【3】自己肯定感を、上げ続ける

抑止力とはつまり、相手の心を折りに行くことです。

 

実はこれは、相手があなたにしていることでもあります。

相手の狙いは、あなたを物理的に攻撃することではなくて、

無力感を植え付けること。

 

自己肯定感を下げ続けて、

職場から去ることを望んでいます。

 

つまり、相手は、あなたの心を折りに来ています。

 

ですから、あなたがするべきことは2つです。

あなたの心は折れないことを見せつけること、

もう1つは、相手の心を折りに行くこと。

 

具体的には、1つは自己肯定感を上げ続けて、

徹底的に仕返しをしていけば、必ず勝てる戦いです。

【4】パワハラへの仕返しは、躊躇してはいけない

結局、パワハラとは心理戦です。

心を折られたほうが負けです。

 

ですから、仕返しをするときは、

相手の心を折りに行かなければなりません。

 

「この人に手を出したのが間違いだった」と、

思わせなければ、意味がありません。

 

ですから、相手が参ったといっても、

できる限りのことはしなければなりません。

謝って済む問題ではないと、教えてあげることです。

 

もちろん、合法的に、

ただし、冷静に徹底的に、

仕返しをしましょう。

あなたが取りうる手段は、なんでも使ってください。

 

診断書を取って、警察に告訴して、

内容証明郵便で相手に通知の上、

会社の上司に、パワハラ行為の改善要望を出して、

労働局に相談して、指導・助言を入れてもらい、

人権擁護委員会からもお叱りを入れてもらう。

 

考え付くもので、合法的に、あなたの行いうるものは、

何でもしてください。

相手が誤ってもする、ぐらいの気持ちでいてください。

 

 

それぐらいの気持ちでないと、パワハラを乗り切るのは辛いです。

あなたを攻撃したことを後悔させてやるぐらいの、強い気持ちを引き出してください。

あなたならできます。

 

 

こういうサイトをご覧になっているということは、

かなりお辛い状況なのは、分かっています。

でも、心だけは守ってください。

自分自身の価値を、バカな人たちの評価なんかで、

下げないでくださいね。

どんどん、毎日、高め続けてください。

 

 

 

 

逆に言えば、

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。