職場で無視される場合の対処法

【1】無視もパワハラ

無視も、厚労省の定義するパワハラに該当します。

パワハラの6類型の1つ「人間関係の切り離し」に該当する、

典型的なパワハラ行為の1つです。

【2】無視への対処法

他のパワハラ問題と同様、

無視への対処法も、

決まった対応策はありません。

 

あなたの目的と状況に合わせて、

自分で考えていくしかありません。

 

【3】対処法の例

しかし、いくつかの対処法の例はあります。

これを参考に、自分にできそうな対処法を、

考えて実行してみてください。

 

・無視されても、話しかけ続ける。

・ボイスレコーダーで、話しかけているのに無視されている状況を録音する。

・被害メモに、無視される状況を文字で記録する。

・グループで無視してくる場合には、その中の一番弱い相手に「無視しないでほしい」と自己主張する。

・無視してくるグループ以外で、仲間を作る。

・仲間を通して、無視してくるグループと交渉をする。

・上司に、無視されていること、無視はパワハラ行為であることを伝え、改善を求める。

・人事部等の会社内のパワハラ相談部署に相談をする。

・無視してくる相手、もしくはグループの支配者に、内容証明郵便を送りつける。

・会社に対して、内容証明郵便で、これまでの経緯と改善要望を伝える。

 

【4/4】できることを全部実行する。

大切なことは、

できることを全部書き出してみて、

全部実行すること。

1つ1つ実行するのではなくて、

同時に、並列的に実行していくこと。

 

そうすることで、

あなたが無視されて傷つく期間が短くなり、

また、相手に与えるダメージも大きくなります。

 

もっと詳しく、対処方法を知りたい方は、

下記の画像をクリックしてください。

無料メルマガの概要説明ページに飛びますので、

お困りの方はぜひ一度、お目通しください。

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。