自分の業界のパワハラ事例を調べておこう

あなたの業界のパワハラ事例を調べておきましょう。

 

そうすることで、

会社に対して、

パワハラを放置することが、

どれだけ大きな問題になるかを、

教えやすくなります。

 

【1】パワハラ問題は放置される

パワハラ問題を会社が認知していても、

「当事者の問題」として、

何も対応策を取らないところが、ほとんどです。

 

そのような場合には、

あなたの業界のパワハラ問題を調べてみましょう。

 

大体どこの業界でも、

似たようなケースで、新聞沙汰になっています。

 

【2】パワハラ問題は、軽視される

パワハラは、ものすごく軽視されますが、

人の命がかかっている問題です。

 

そのうち仲が良くなるだろうと、

放置する会社が多いので、

そのパワハラによって、

実際に大きなダメージを受けた会社を、

教えておく必要があります。

 

【3】同僚を通して、上司に連絡

もし可能であれば、

同僚を通して、

パワハラを放置している上司へと、

改めて進言してもらいましょう。

 

パワハラを放置するとマズイということも、

合わせて伝えてもらえるとなおよいです。

 

【4】仕返しにも使える

パワハラ事例を調べておくことで、

あなたがどこに相談に行けばよいのか、

そして、どのような仕返し手法があるのかについても、

わかることが多いです。

 

 

パワハラ問題は、基本的には労働局が対応しますが、

サービス残業問題などが絡むと、労基署も関わってきます。

そういうことが、具体的事例を読むことが分かるのです。

 

もしあなたがパワハラで仕返しを考えているなら、

同じようなパワハラ事例を探してみてください。

 

悲しい事件も多いですが、

あなたが考えもしなかった解決策が

書かれていたりもしますよ。

 

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。