パワハラへの恐怖に打ち勝つための方法とは?

パワハラを受ける日々が続くと、

パワハラを受けること自体への恐怖が出てきます。

 

これは学校でいじめを受けた子供が、

「学校」というキーワードだけで、身体が震えるようになるのと

同じ現象です。

 

【1】リラックスモードで、感情を制御する

リラックスをすることによって、

感情を制御できるようになります。

 

感情を制御できるようになるというのは、

自分で恐怖を和らげることができるようになるということです。

ですから、まずはリラックスをして

感情を制御できるモードにする必要があります。

 

【2】逆腹式呼吸で、リラックスする

ただ問題はどうやってリラックスをするかです。

そこで私がお勧めするのは、

逆腹式呼吸というものを使ったもの。

 

呼吸なら、いつ、どこでもできます。

誰にも気づかれずにすることも可能です。

だからこそ、呼吸を使ったリラックス法がおすすめです。

 

【3】逆腹式呼吸の方法

逆腹式呼吸の方法も、とても簡単。

ゆっくりと深呼吸をしながら、身体の力を抜いていくだけです。

 

すると、息をするときに胸が膨らみ、

息を吐くときにお腹が出るようになります。

これは、いわゆる腹式呼吸とは逆の動きなので、

逆腹式呼吸と言います。

 

【4】頭の中で反撃する。

リラックス状態を作れるようになったら、

頭の中で、パワハラに対して

徹底的に反撃、反論しましょう。

 

怒鳴られたら、

頭の中で「それはパワハラですよ。」と言うのです。

 

事実無根のことを言われたら、

「それは事実無根です。根拠を出していただけますか?」と、

頭の中で言いましょう。

 

頭の中を、相手の意見で占領されないことで、

あなた自身を保つのです。

 

【5】あなたの自尊心、自己肯定感を保つ

大切なことは、あなたの自尊心、自己肯定感を保つこと。

バカな加害者の言動を真に受けないことです。

 

頭の中での徹底反論を続けると、

あなたは、自然とそれを実際の行動に起こせるようになります。

これがメンタルシミュレーション・メンタルリハーサルの威力です。

 

ですから、今は言い返せなくてもいいのです。

頭の中でまずは徹底的に勝てるようになることです。

そうすれば、現実世界でも勝てるようになりますから。

 

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。