職場で必要とされていない感じたら?

職場で、必要とされていない。

そう感じた場合には、どう対処すればよいのでしょうか?

実は、仕事をさせないのも「パワハラ」に該当するんです。

 

スポンサードサーチ

【1】仕事をさせないのも、パワハラに該当する

厚生労働省は、

パワハラの6つの類型を出しています。

 

この類型に当てはまるからといって、

必ずしもパワハラと言えるわけではありません。

しかし、少なくともパワハラ行為であると、

認定されやすい行為類型ではあります。

 

その中の1つに「過小な要求」というものがあります。

これは、大雑把にいうと、仕事をさせないことです。

本来の職務内容ではない、雑用ばかりをさせるなども当たります。

 

【2】「過小な要求」への対処法

「過小な要求」への対処も難しいのですが、

かならずやっておくべきことはあります。

 

それは、次の2つです。

1 自分から積極的に仕事を求めること

2 仕事を求めているという証拠を残すこと

 

つまり、仕事を求めているのにもかかわらず、

仕事が与えられないということを、

証拠として残すことです。

 

【3】「いつでも会社を辞められる」という状況を作る

しかし、「過小な要求」というパワハラ類型は、

退職に追い込むための手段として使う

陰湿な会社も多いのが実情です。

 

ですから、会社を辞めても困らないと言う状況を作るため、

転職活動を始めたり、副業・起業の準備を始めることも、

忘れないでほしいと思います。

 

【4 】証拠と安全な環境ができたら、動く。

会社に仕事を求めるという行動自体は、

リスクは少ない行動だと思います。

 

会社に対して、「仕事を与えないのはパワハラだ」と主張するには、

かなりのリスクが伴います。

 

ですから、パワハラとして主張して改善を求める場合には、

まず証拠とあなたの安全確保を行いましょう。

 

証拠と安全が確保できたら、

行動開始です。

 

でも、やっぱり一番はそんな会社を見限ることだと思います。

給料をもらいながら、じっくりと時間をかけて、

転職活動や副業・起業に向けた活動を始めるのが、

賢い選択肢だと、私は思いますよ。

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。