職場で役立たずな自分が嫌いになったら

パワハラを受けていると、自己肯定感は下がりがちです。

自分は役立たずなのではないかと、

思い込んでしまうのが普通でしょう。

 

しかし、それは8割以上は、思い込みにすぎません。

 

【1】5%の非は認めよう。

もしかしたら、あなたには、

本当に練習不足や、知識不足などがあるかもしれません。

 

もしそうなら、あなたはもちろん、

自己改善に向けての行動を起こしてほしいと思います。

 

自分が改善できることについて、

あなたが改善したいと思うのであれば、

ぜひ改善に向けての行動を行ってください。

 

しかし、あなたが自分ができることをしているのに、

状況が改善しないとしたら、

それはあなたの責任ではないのです。

 

【2】本当にあなたの責任か?

私はもともとプロ家庭教師です。

人の育成を専門としていました。

 

その後、医療法人の理事として、

スタッフの育成にも注力していました。

 

だからこそ思うのですが、

部下が育たないとしたら、それは上司の責任です。

 

もちろん、あなたが”すべて上司の責任だ”というのは、

違うとは思います。

 

しかし、あなたは上司の責任についてまで、

責任を負わされる必要はない。

 

上司の指導が下手なせいで、

あなたが自己肯定感を下げる必要はないのです。

 

【3】指導者が無能なだけ

パワハラを放置したり、

パワハラをしたりするような上司がいたら、

その上司が無能なだけです。

 

指導とパワハラは明確に異なります。

ベクトルが正反対ですから、

 

パワハラが指導になることはありません。

 

自分には価値がある、

自分にはできるという感覚を強めるのが「指導」です。

 

パワハラは自分には価値がない、

自分にはできないと思わせるものです。

 

このような基本的な違いも分かっていないのだから、

指導者として未熟すぎると言わざるを得ません。

 

ですから、あなたは、

自己肯定感を下げる必要はまったくありません。

 

最初は、”上司が未熟なんだ”と思うようにしてください。

そして、心が比較的回復してきたら、

”この上司も、小さな権力を守ろうと必死なんだな”と憐みをもってあげてください。

 

いずれにしても、あなたは自分を卑下する必要はありません。

自分で自分を責めないでくださいね。

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。