パワハラと一緒に戦ってくれる仲間を探す。

パワハラは、一人では戦えません。

なぜなら、相手は「職場関係の優位性を背景に」しているからです。

つまり、もともと相手が有利な状況なわけです。

だから、ほぼ必ず仲間が必要となります。

 

スポンサードサーチ

【1】会社内で、仲間を作るのは困難

ただ、基本的に会社内で仲間を作るのは困難です。

もちろん、職場外であなたをサポートしてくれる人はいるでしょう。

しかし、同じ職場内で仲間を作るのは、とても困難です。

 

誰だって自分を守りたいと思っています。

被害者の味方につけば、自分が攻撃を受けるかもしれません。

だから、基本的には、職場内で仲間を作るのは困難です。

 

【2】職場外は、カウンセリングだけはしてくれる

職場内での仲間を作ることは、難しい。

しかし、職場外だったら、同じ会社内でも仲間を作る事はできます。

 

ただし、この場合も、一緒に戦ってくれるわけではありません。

陰であなたを支えてはくれるでしょうが、

一緒になって戦ってくれるとは限りません。

あなたの心のケアをしてくれるでしょうが、

一緒にパワハラ問題に取り組んではくれないでしょう。

 

【3】一緒に戦ってくれる人を雇え

そうなると職場外にしか、

一緒に戦ってくれる人はいません。

 

しかし、職場外から一緒に戦ってくれる人の99%は素人です。

つまり、戦い方を知らない。

友人の中に、パワハラと闘ったことがある人がいるでしょうか。

 

だから、最終的には雇うしかない。

専門家しか、現時点においては、頼れる人がいないのが実情です。

 

もちろん、仲間を作ることが無意味とは思いません。

仲間がいることによって、視野を広く持ち続けることができます。

追い込まれずに済むのです。

 

ですから、仲間はぜひ作ってください。

しかし、最終的には外部の専門家以外には、

「一緒に戦ってくれる人」はまずいないと、心しておいてほしいなと思います。

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。