パワハラの解決に向けての行動が移せないときは

 

パワハラを解決するために役立つ方法は、何十個もあります。

ただ、多くの人は実行に移せません。

だから、解決に向かうことができないのです。

 

もちろん、リスクがある行動を実行に移せないのは、仕方がないことです。

しかし、多くの場合、リスクはほとんどないのです。

ただ、恐怖感情に支配されて、実行に移せないのです。

 

【1】許容損失内の行動でも、行動に移せない

許容損失内の行動であっても、

恐怖感情に支配されると、人はその行動をできません。

 

たとえば、パワハラ被害者にとって、

匿名で、労働局に相談することは、ノーリスクです。

 

それでも、恐怖感情が先に来ると、相談することができません。

 

だから、恐怖感情を克服することは、パワハラから脱出するには必須です。

 

【2】恐怖感情を克服する方法

恐怖感情を克服するための、第一段階は理性優位状態にすることです。

理性優位状態と、感情優位状態は、両立しません。

理性が優位となれば、感情をコントロールできます。

 

ではどうやったら、理性優位状態となれるかですが、

それはリラックスすることです。

理性優位状態=リラックス状態=「休止・計画」モードです。

結局は、恐怖を感じたら、まずはリラックスを心掛けようということになります。

 

【3】リラックスするための、「逆腹式呼吸」

リラックスするために、役立つ方法が「逆腹式呼吸」。

息を吐くときに、身体に入っている力を抜いていくだけです。

可能であれば、1分間に4~6回の呼吸回数にします。

1呼吸あたり、10秒から15秒ぐらいにするんですね。

このような呼吸にすると、リラックスモードになることが、心理学的にわかっています。

ですから、まずはゆっくりと呼吸をして、かつ身体の力を抜いて、リラックスモードにする。

そうすると、自分の恐怖感情を、理性でコントロールできるようになります。

 

【4】リラックスしたら、理性を働かせつづけよう

恐怖感情から自分を脱出させ、理性状態を取り返したら、

心の中の声を徹底的に吟味して、理性状態を続けるようにしましょう。

少なくとも、心の中の声(セルフトーク)を、常に意識に上げてみてください。

 

その上で、そのセルフトークが自分にとって有益かどうかを考えるのです。

パワハラから脱出するために、そのセルフトークは有益かどうかを、徹底的に吟味してみましょう。

それを続けることで、理性優位状態を続けることができます。

 

理性優位状態で、自分にとって有益だと思う決断をしてください。

恐怖感情を克服して、あなたにとって有益な行動を、ぜひとってください。

 

何も行動しないままでは、ただパワハラはエスカレートするだけです。

できるだけ早くに、行動を起こしておくことが、パワハラをスムーズに解決するコツです。

 

関連動画

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。