パワハラの相談をすることさえ、最初は怖い

パワハラについて専門家に相談することさえ、

最初は怖いものです。

 

ですから、加害者に言い返したり、

できるはずがない。

 

でも、だからといって

何もできないわけではありません。

 

【1】今、できることを全部することの大切さ

パワハラ問題においては、

実行可能なことを、

全部同時に実行に落とし込んでいくことが、

何より大切です。

 

加害者に言い返すことができなくても、

被害メモは取ることができます。

ボイスレコーダーで録音することも可能かもしれません。

 

匿名で、労働局に電話をしたり、

法律家に電話をしたりできるかもしれません。

 

今、実行可能なことを実行に移しておくことが、

あなたがパワハラを受けて入れているわけではないという、

明確な証拠となるからです。

 

【2】行動が次の行動を呼ぶ。

被害メモがあれば、

専門家に相談しやすくなります。

 

専門家に相談すれば、

どんな証拠が必要となるかが、より詳しく分かります。

もっと証拠として役立ちやすい証拠を、集めやすくなります。

また、「専門家に相談した」という事実を作ることができます。

 

一般的に、行政機関や会社は、

一個人が動いている場合と、

専門家のバックアップがついている場合では、

対応が大きく変わります。

「専門家に相談をした」という事実は、

会社がパワハラ解決に向けて動き出す大きなプレッシャーとなるのです。

 

【3】行動が自信を生む

何かしらの目標があり、そのための行動を起こしていれば、

自尊感情を保つことができます。

しかし、何もせずにいて自信を保ち続けることは困難です。

 

つまり、今、できることがどんなに小さなことであっても、

それを全部同時に実行していることが、

あなたの自信を取り戻し、維持し、高めてくれるのです。

 

ですから、できることを全部実行していくことは、

何より大事なことです。

 

【4】できないことはできないでOK

できないことはできなくてOKなんです。

大切なことは、できると思えることを、行動に移すこと。

頭の中で考えるのではなくて、行動に落とし込んでいくことです。

 

行動を起こせば起こすほど、できると思えることが増えてきます。

だから、最初はどれだけできることが小さくてもいい。

できることを実行に移していきましょう。

 

小さな一歩でよいので、実行に移してください。

その一歩が、あなたの次の一歩を作り出してくれます。

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。