「いい人」がパワハラ職場を脱出する方法

自己犠牲的な「いい人」は、

自分が辛いときでも、

他人のサポートを受けません。

 

これは心理学のデータでも、

現れているようです。

 

自分のために、

他人の時間や労力を割いてもらうことに

罪悪感を感じてしまうからだと、

言われています。

 

【1】パワハラは、耐えても解決しない。

パワハラは、耐えても解決しません。

むしろ、エスカレートするだけです。

 

しかし、だからといって、

あなたは「仕返し」をしたいとは思わないでしょう。

 

心の中で「仕返しをしたい」といくら思っていても、

本当にそれを実行したいかと言えば、そうではない。

だからこそ、証拠集めをしていませんし、

証拠があってもそれを使おうともしないのです。

 

その状態で、転職もできないとなれば、

あなたに残された選択肢は「耐える」となります。

 

しかし、本当にそうでしょうか。

 

【2】「耐える」以外の選択肢

 

「耐える」は防御の選択肢だとすれば、

「仕返し」は攻撃の選択肢と言えます。

その上「転職」という逃げる選択肢もない。

 

ですから、「耐える」を選んでいるわけです、

 

しかし、本当に「耐える」しかないのでしょうか。

そもそも、「耐える」しか選択肢がないのは、

その会社を辞めることの不利益が大きいからです。

 

簡単に言えば、会社を辞めた後に自分が困るからです。

 

それなら、会社を辞めても困らない状況を

作ってしまえばいい。

 

【3】まずは専門家のサポートを受ける

ただ、「会社を辞めても困らない状況」を作るといっても、

それはもちろん、簡単なことではありません。

そのためには新しい行動を起こし、それを継続する必要がありますが、

なにより、現時点で新しい行動を起こす気力がないのです。

 

だからこそ、専門家のサポートを受けてほしいのです。

あなたが会社をいつでも辞められる状況作りのために、

本気であなたを応援してくれる人を見つけてほしいのです。

 

私は、その専門家である自負を持っていますが、

もちろん他の人でも構いません。

 

【4】専門家は、あなたをサポートしたい人である

 

何かの専門家を名乗る人は、

当然ですが、

そういう人たちの役に立ちたいと思っています。

 

あなたが専門家に依頼をすることが、

専門家を喜ばせることになる。

 

専門家の側から言えば、

あなたから依頼を受けることが、

専門家としての喜びなのです。

 

ですから、ぜひ専門家へと

連絡を取ってみてください。

 

その人はきっと、

あなたから連絡をいただけたことに

喜ぶと思います。

 

専門家に依頼することは、

もちろん「あなたのため」です。

しかし、それ以上に「専門家のため」でもあるのです。

 

専門家のために、ぜひ専門家へと連絡をしてみてください。

 

〈追伸〉

今回の記事があなたのお役に立ったなら、

こちらのメルマガもきっとお役に立つはずです。

ぜひ、一度ご覧ください。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。