同僚がパワハラを受けているときに、あなたにしてほしいこと

同僚がパワハラを受けているときに、

あなたにしてほしいことがあります。

 

それは、被害メモをその場で取ることです。

 

【1】証拠がないのが一番困る

パワハラは、証拠集めが大変です。

しかし、証拠がないと相談機関も動くことができません。

 

社内のハラスメント対策室であっても、

一定の証拠がなければ、

被害者の味方とはなりません。

 

【2】パワハラ被害者に味方は少ない

行政の相談機関であっても、

行政の基本的な立ち位置は「中立」です。

 

それは、労働局や労働基準監督署でも同じです。

基本的な立ち位置は中立であって、

被害者の味方となってくれるとは限りません。

 

会社のハラスメント相談室も同じです。

同じ会社に属する人ですから、

どちらか一方の味方となってはくれません。

 

被害者であるのに、味方となってくれる人が少ないのが、

パワハラ・職場いじめの被害者なのです。

 

【3】直接的な支援が難しいなら

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせの被害者の味方に、

あなたがなってくれたら、それは嬉しいことです。

 

 

しかし、あなたがその本人の代わりに、

ハラスメント相談室に駆け込むことは難しいでしょう。

行政も、ハラスメント相談室も言うことは同じで、

「本人が直接申し出るように、説得してください」というでしょう。

 

また、そのような行動をとることによって、

あなた自身の立ち位置が不利になってしまう可能性もある。

 

ですから、間接的な支援をしてほしいのです。

 

【4】証拠集めのサポート

あなたは同僚として、その人の近くにいます。

 

その立ち位置でしかできないことが、

証拠集めのサポートです。

 

いつもメモ帳を持ち歩いておいて、

パワハラ行為を発見したら、

その場ですぐにメモを取ります。

いつ、どこで、誰が、誰に、何をしたか、

そして、そのときに周囲に誰がいたかを書いて、

記録してほしいのです。

 

このような証拠があるだけで、

パワハラが解決しやすくなります。

 

また、被害者にとっても、

強い心の支えになります。

 

 

もちろん、証拠があるだけでは被害者は動けません。

おそらく、報復を怖がって、相談機関に行けないでしょう。

そのようなときは、まず、私のような専門家のところに、

相談するようにと勧めてください。

 

 

私については、下記のステップメールに登録いただくのが

一番わかりやすいでしょう。

また、登録いただくと被害メモのテンプレートなども、

ダウンロードできます。

 

もし、あなたが同僚を本気で助けたいなら、

ぜひ私をご紹介いただくか、

このHPをご紹介いただきたいと思います。

minilp-mikuni entry-buttonpwhr

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。