いじめ・嫌がらせを受ける「優しい人」のための、相手を傷つけない話し方

いじめ・嫌がらせを受ける人は、「優しい人」が多いです。

故意に人を傷つけることに、激しい嫌悪感を持っています。

たとえそれがパワハラ等の加害者であったとしても、傷つけることが怖くてできないのです。

ですから、優しい人は、相手を傷つけずに自分を守る方法を身に付けてほしいと思います。

 

 

Hieranomous / MuppetCreative Commons License thepeachpeddler via Compfight

【1】心が弱いのではなく、優しいだけ

いじめ・嫌がらせが長引いてしまう人は、優しい人が多いです。

そして、優しい人ほど、自分は弱い人だと考えがちです。

ですが、それは違います。

ただ、優しいだけです。

 

私は中学生のころ、しょっちゅう殴り合いのケンカをしていました。

あるグループから、陰険な嫌がらせを受けていたためです。

 

私はその点、相手を殴ることに抵抗感はまったくありませんでした。

それは私が強いからではなくて、殴ることについては、相手に共感していなかっただけです。

つまりは、優しさをその点で失っていただけです。

 

【2】優しい人は、人を傷つけることに嫌悪感が強い

優しい人は、自分が傷ついていたとしても、相手を傷つけることを嫌がります。

 

私は中学生時代、円を書くコンパスを常に制服に隠し持っていました。

いつか刺してやろうと思っていましたからです。

でも、さすがにそれはできませんでした。

 

 

 

優しい人が反撃をしないのも同じ理由です。

相手を傷つけることが嫌なのです。

 

どれだけ憎い相手であっても、人を傷つけることに嫌悪感を感じるのが優しい人です。

 

【3】護身用ペンがあっても、普通は使えない

クライアントから勧められた本の中で、「護身用ペン」というものが紹介されていました。

暴漢などがいた場合、突いたり、刺したりして護衛するものです。

 

Amazon | 護身用ボールペン タクティカルペン クボタン 防犯グッズ (ステンレスヘッド・ブラック) | タクティカルペン 通販

 

ただ、私はきっと、これを人に対して使えません。

木の棒で叩くぐらいはできます。

ですが、ペンという固すぎるイメージのもので、相手を突いたりできません。

 

 

巷のパワハラ反撃法についても、同じことが言えます。

多くの優しい被害者たちにとっては、その方法は使えないのです。

相手を傷つけることに対する嫌悪感が強いのです。

 

【4】躊躇なくできることを身に付ける

優しい人に必要なのは、相手を傷つける勇気を持つことではありません。

優しい人でも躊躇なくできる、自己防衛法を身に付けることです。

 

たとえば、それは柔道でいう足払いを覚えるようなもの。

相手を傷つけることではなくて、相手をよろめかせ、転ばせるぐらいの技術を覚えましょう。

そうすれば、躊躇なく実行できます。

 

すごく基本的な技は、「笑顔で言う」です。

職場でバカだと言われたら、「パワハラですよ(^_^)」と言う。

職場で嫌味を言われたら、笑顔で「嫌味な言い方ですね(^_^)」と言ってみる。

これはものすごく基本的な技ですが、使いやすいのです。

 

言語メッセージと、非言語メッセージがあるとき、人は非言語メッセージを重要視します。

顔文字があるだけで「パワハラですよ」と「パワハラですよ(^_^)」は、受ける印象が大きく変わります。

 

【5】非言語では優しく、言語では明確に言う

つまり、優しく笑顔で、はっきりと言うのです。

非言語では優しく、言語では明確に伝えます。

笑顔で「パワハラですよ」と言うのです。

言いたくなさそうな顔をしながら「パワハラですよ」と言いましょう。

 

それができるようになったら、次の段階です。

非言語を、言語に合わせます。

つまり、言語でも非言語でも、はっきりと言うのです。

 

でも、最初は非言語では優しく、言語で明確に伝えることから始めましょう。

これができるようになると、まず気持ちがよくなります。

そして、いじめや嫌がらせ自体も減らすことができます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

いじめ・嫌がらせを受ける「優しい人」のための、相手を傷つけない話し方 への2件のフィードバック

  1. 高井智子 のコメント:

    もっと早く こちらのブログを知っていたら…と毎日思いながら過ごしています。
    パワハラ、いじめで うつになり 休職中です。
    おっしゃる通り、加害者には全く罪の意識は無く
    今や私は会社にとって、 面倒な存在でしかありません。
    後は 辞めるだけです。ただ その時は、自己都合退職では無く、会社都合退職にもって行きたいと思っています。
    何もできずに辞める、弱い人間の せめてもの意思表示です。

    • 三國 雅洋 のコメント:

      お辛いですね。
      お気持ちお察しします。

      おっしゃる通り、加害者には全く罪の意識は無く
      今や私は会社にとって、 面倒な存在でしかありません。

      残念ながら、ほとんどの加害者がそうですね。

      後は 辞めるだけです。ただ その時は、自己都合退職では無く、会社都合退職にもって行きたいと思っています。

      ほぼ必ず退職勧奨をしてきますね。
      ただ、懲戒解雇にならないようにお気をつけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。