パワハラなど、辛い状況にあるときのメンタルコントロール術

パワハラを受けているときなど、辛い時には2段階でのメンタルコントロールが必要です。

第一段階はカウンセリング、第二段階はコーチングです。

カウンセリングの目的は、精神的にフラットな状態に戻すことです。

コーチングの目的は、ゴールを達成することです。

 

まずは、カウンセリングで精神をフラットな状態にして、そこから現状打破を試みます。

この2段階を経ることが大切なのです。

 

では、具体的には何をすればよいのでしょうか。

動画で詳しく解説しています。

 

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。