「パワハラの何が悪いのか」に対する答え

「パワハラの何が悪いのか」という質問が、あります。

”パワハラなんて、昔は当然だった”とか、”される方が悪い”というのが論拠のようです。

今回は、これについて答えておきたいと思います。

 

先に結論を言えば、加害者以外にメリットがないからです。

 

会社の生産性と、職場で働く人達同士の信頼感は、大きく関係します。

心理的安全性がないと、生産性が大きく下がるのです。

パワハラの定義にあるとおり、基本的にパワハラは職場環境を悪化させる行為です。

ですから、パワハラがある時点で、職場内に心理的安全性はありません。

つまり、パワハラは会社の生産性が下がる行為となるのです。

これが、パワハラが悪いと言える1つ目の理由です。

 

 

さらに、パワハラによって被害者が休職になり、または退職となった場合も、損害が出ます。

会社は、それまでその人にかけてきたお金、時間、労力が無駄となります。

これが、2つ目の理由です。

 

その上、会社は安全配慮義務違反として、損害賠償請求を受けるリスクを負います。

これが3つ目の理由です。

 

さらに、新聞などに掲載されて、会社の信用・名声にも傷がつく可能性があります。

これが4つ目の理由です。

 

当然、被害者にとっては損しかありません。

職場を失うこともありますし、身体・生命の危機に陥ることもあります。

 

まだまだ理由はあるのですが、パワハラの何が悪いのかと言えば、加害者以外の人は損ばかりするからです。

もしこのような単純な理由もわからない人がいたら、できるだけ近づかないほうがよいでしょう。

きっと、物事を客観的に見られない視野の低い人に違いありませんからね。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。