パワハラに仕返しするなら、一気に徹底的に

加害者に仕返しをするなら、一気に徹底的に、容赦なく、行いましょう。

そうしなければ、再報復を受ける可能性があるからです。

 

過去のパワハラ処分事例でも、パワハラ被害を内部告発した人が、加害者から報復を受けた事例は、いくつもあります。

最近の事例では、福岡県糸井市の消防本部の事例がそうです。

また、法務省管轄の更生保護施設でも、内部告発をした相手に対して、加害者による報復がありました。

 

中途半端に行えば、加害者は必ず報復を行ってきます。

その報復をさせないためには、一気に徹底的に、容赦なく、躊躇なく、できることを全部、行う必要があります。

あなたが一歩も引かない姿勢とともに、相手を徹底的に叩きつぶす姿勢も見せるのです。

 

簡単なことではありまえせんが、少なくともそのような覚悟を持つようにしましょう。

加害者との戦いは、そこから始まります。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。