パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

副業・起業のタネの見つけ方

投稿日:2017年4月11日 更新日:

今回は、起業についての話です。

 

起業をしたいときに、あなたが最も悩むのは「何(なに)で、起業をするか」でしょう。

つまり、どんな「商品・サービスを販売するか」で悩むことになるはずです。

 

【1】誰に貢献したいのか

ですが、私があなたが最初に考えてほしいのは「誰に貢献をしたいか」です。

マーケティングで言うところの、「ターゲット」の選定です。

 

あなたはこれから起業をします。

ですから、商品・サービスは自由に作ることができるのです。

そうすると、あまりにも自由がありすぎて、商品を作ることさえできなくなってしまいます。

ですから、まずは「誰に貢献したいのか」を決めて、制限を作るのです。

 

【2】クライアントの悩みを、一気に解決する商品・サービス

その上で、そのクライアントが抱える悩み、困りごとを5~10個書き出してみましょう。

そして、その5~10個を一気に解決するような商品・サービスを考えるのです。

 

5~10個の症状を生み出している、根本問題を解決するサービスを考えましょう。

熱が出ていて、解熱剤を投薬するのではありません。

熱を出している根本問題、インフルエンザウイルスを無力化する薬を開発するのです。

それでこそ、あなたが商品・サービスを世に出す意義があるのです。

 

【3】クライアントの役に立ちたいという思いが、根本にある

商品・サービスの根本には、クライアントの役に立ちたいという思いが必要です。

この気持ちがなければ、起業に向けた行動というのはとりえないのではないでしょうか。

 

言い換えれば、クライアントのことを考えるからこそ、起業ができるのです。

商品・サービスを考えることができるのも、クライアントの役に立ちたいと思うからこそです。

ですから、最初から起業の種を探すのは止めましょう。

そうではなくて、クライアントが抱える悩み・困りごとを把握することを心掛けましょう。

そこから、起業の種は自然と見つかります。

 

あなたが持つ、クライアントに貢献したいという思いに、ただ従えばよいのです。

あなたができる貢献を知るために、クライアントの悩み・困りごとの把握に努めましょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

証拠があるから、国家権力を味方にできる。国家権力を味方につけるから、強くいられる。

パワハラを解決するためには、法律知識は必須です。   パワハラに関係する法律を知っているからこそ、 適切な対処ができるようになるのです。   法律で可能なことと、 不可能なことが分 …

no image

パワハラ加害者のために、あなたの人生全体を犠牲にしないためにも、「解決」を明確にしておく。

パワハラに立ち向かうときに、最初に決めておくべきものが「ゴール」です。 あなたが心から望む結末はどのようなものでしょうか? それは異動や転職かもしれませんし、加害者への責任追及かもしれません。 それを …

no image

「殺すぞ」は、当然にアウトのパワハラ

厚生労働省は、パワハラの6類型を出しています。 その中でも、「精神的な攻撃」は、   原則として、 パワハラに該当する類型だと言われています。   【1】「殺すぞ」は「適正な業務の …

理解されないなら、届ける相手を変える。

パワハラ・モラハラについて相談しても、 1つ1つの被害は小さなことに見えてしまいます。   そのため、なかなか理解・共感をしてもらえません。   ですが、情報を届ける範囲を広げれば …

no image

パワハラ被害者が、冷静になるための危機心理学

パワハラを受けていると、身動きが取れなくなってきます。 解決策が認識できなくなってくるのです。 Korf-Adri via Compfight 【1】感情優位状態では、解決策が見えない パワハラ行為を …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。