現状を打破するためには、「今、するべきこと」をしてはいけない。

現状を打破したいと思うとき、「今、するべきこと」をしてはいけません。

むしろ「今、するべき」とは、全く思わないことこそ、するべきなのです。

Canasta Outdoor CollectionCreative Commons License Wicker Paradise via Compfight

【1】RASと重要性

人間の脳には、RASというシステムがあります。

これは、現状のあなたにとって重要なものだけを、認識に上がらせる脳のシステムです。

逆に言えば、RASによって遮断された情報だけを、私達は認識しているのです。

 

【2】RASがスコトーマを生む

私達の脳は、五感が受け取っている情報のすべてを、認識に上げているわけではありません。

RASによって取捨選択された情報だけを、認識に上げています。

物理的には受信している情報でも、振るい落とされたものがあるということです。

この物理的には受信していても、RASによって遮断され意識に上がらない部分を「スコトーマ(心理的盲点」と呼び舞す。

RASという仕組みによって、物理的な盲点以外に、心理的な盲点=スコトーマが生まれるのです。

 

【3】現状打破のカギは、スコトーマに隠れている

辛い現状から脱出する方法が分からないとき、その脱出法はスコトーマに隠れているのです。

つまり、現状打破のカギは、RASによって遮断されているのです。

RASは現状にとって重要でない情報を遮断する仕組みですから、つまり現状打破のカギは「現状の自分にとっては重要でないこと」となります。

あなた自身は重要だと思わないことこそが、現状打破のカギとなるのです。

 

【4】「無駄なこと」の中にこそ、現状打破のカギはある

現状の自分にとって重要ではないと思うことは、つまり「無駄」だと思えることです。

「今、他にもっとやるべきことがある」と思うようなことこそが、現状打破をもたらします。

自分にとって無駄だと思えることの中にこそ、辛い現状を好転させるカギはあるのです。

 

たとえば、起業・副業を始めるぐらいなら、転職活動をしていたほうがよいと思うかもしれません。

ブログやツイッターで、励まし合うことのほうが大切だと思うかもしれません。

でも、今自分が重要だと思うことの中に、現状を大きく変えるようなカギはないのです。

現状の自分にとって重要なものは、現状を維持するために必要ものだけだからです。

 

あなたの生活の中に、現状の自分にとっては無駄であり、ゴールの自分にとっては重要なものを、少しつずつでもよいので取り込んでいってください。

それこそが、あなたの大きく変換させるときに必要となるものです。

現状の自分の重要性で物事を判断してはいけません。

ゴール側の自分にとっての重要性で、物事を判断し、それをどんどん取り入れていきましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。