あなたへのパワハラがエスカレートする理由

個別メール相談のリンクです。

⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら

 

 

スポンサードサーチ

【1】誰でもパワハラ被害者となりうる

3人に1人が、過去3年以内にパワハラを受けたことがあるそうです。

ですから、パワハラを受ける人に共通点などありません。

誰でも、パワハラを受ける可能性があります。

【2】パワハラが長期化する人がいる

パワハラを受ける人に共通点はありません。

しかし、パワハラが長期化する人はいます。

パワハラがエスカレートし、深刻化する人はいます。

【3】「立ち止まる人」が、長期化する

パワハラがエスカレートするのは、「立ち止まる」人です。

「戦う」でもなく、「逃げる」でもなくて、「立ち止まる」人です。行動停止してしまう人です。

このような人は、攻撃をしてこず、また逃げるわけでもないので、パワハラを受け続けます。

【4】あなたが耐えていると、周囲も動けない

多くの場合、周囲の人は、あなたがパワハラに苦しんでいると気づいていません。

気付いていたとしても、傷ついているとは思っていません。

傷ついていると知っていたとしても、あなたが耐えている限りは何もできません。

周囲の人は、あなたを助けるために、自分を犠牲にすることはしません。

あなたが行動を起こすから、周囲の人々も時間や労力を差し出してくれるのです。

【5】立ち止まるとミスが増えて、敵が増える

あなたが行動を起こさなければ、味方は増えません。

あなたがパワハラに耐えれば耐えるほど、傍観者が敵になっていきます。

パワハラを受け続ける期間が長ければ長いほど、ミスが増えるからです。

ミスが増えれば、あなたへの評価は悪い方向に流れます。

「あの人は、パワハラを受けても当然だ」という雰囲気が作られるのです。

最初は味方であった人も傍観者となり、傍観者は敵となっていきます。

あなたに攻撃をすることがどんどん簡単になるのです。

このようにして、パワハラはエスカレートし続けます。

【5】動き続ければ助かる

エスカレートを止めるには、「動き続けること」が何より重要です。

どれだけ小さい行動でも構いません。

最初にやるべきことは「証拠集め」です。

被害メモを取り、録音・録画を試みましょう。

これを1ヶ月ほど続けたら、その証拠を使って「味方づくり」のために動きます。

内部で相談できる同僚・上司などいたら、まずはその人たちに相談をします。証拠を見せて、あなたがどれだけ辛い思いをしているのかを伝えましょう。

同時に組織内のハラスメント対応窓口に、相談をしましょう。すでに同僚・上司などに相談済みであるなら、それも伝えます。

あなたが解決に向けた行動を取っていることを示すことで、周囲を味方にすることができます。

思考停止に陥らずに考え続けて、行動停止に陥らずに動き続ける人に、周囲の人々は手を差し伸べます。

もしあなたへのパワハラが長期化しているなら、動き続けましょう。

パワハラは動き続ける人だけが助かります。

動き続けましょう。

 

個別メール相談のリンクです。

<a href=”http://pawahara.info/mail”>⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら</a>

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。