【雑記】行動記録があなたを助ける

パワハラに限らず、解決に向けた行動をとることは大切です。

そして、その行動記録をとることも大切です。

【1】行動することが大切

問題解決のために考えることは大切です。たとえば、私は今、オルタナティブ・スクール『ワクノソト』を立ち上げて、その周知活動を行っています。そのために何をするべきか、何からするべきかを考えることは、もちろん大切となります。時間や労力には限りがあるためです。

しかし、考えるだけでは不十分です。考えたことを行動に起こすことで初めて、状況を変えられます。

【2】行動記録をとる

行動は大切なのですが、同時にその記録をとることも大切です。なぜなら、記録は信用につながるからです。

創業何年というのは、それだけで信用につながります。私も、教育には19年関わってきましたが、その年月だけでも信用になるのです。

【3】「何もしていない」は、どう見えるか

反対に何も行動を行っていないなら、周囲からはどのように見えるでしょうか?

社会は優しくはありません。「身動きが取れない状況なのだろう」とは思ってはくれないのです。

むしろ、問題を解決する意志がないと評価されます。あなたがどれだけ一生懸命に解決策を考えていても、この評価は変わりません。

行動することが大切なのです。

そして、行動していても、記録がないと信用してもらうのは難しくなります。記録を見ることによって、あなたの行動が可視化されるのです。行動を起こしたその場にいなかった人に、あなたの行動が伝わるのです。

考えることも大切ですが、考えたら行動を起こすことが大切です。そして、その行動を記録に残しておくことが大切なのです。

行動を起こしましょう。そして、その行動を記録に起こしておきましょう。

この行動と記録の2つが、あなたの問題解決を助けてくれます。

行動記録をつけながら、前に進んでいきましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。