パワハラ加害行為に対して「自分が悪い」と思わないためにも、パワハラについての基礎知識を身に付けておく。

個別メール相談のリンクです。

⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら

 

パワハラ被害者は「自分が悪いのではないか」と思い込みがちです。

だからこそ、被害者にこそパワハラに関する知識を持っていただきたいのです。

パワハラに関する知識が増えれば増えるほど、加害者の行為が社会的には許されないものだと分かります。

加害者に非があると確信できることで、気持ちが楽になります。

スポンサードサーチ

【1】被害者は、自分が悪いと思うことが多い

パワハラの被害を受けると、どうしても「自分が悪いのではないか」という思いが出てきます。

相談相手が悪ければ「あなたにも非がある」と言われるので、いっそうそのように思いがちです。

もちろん、自分に非があることを認めることは悪いことではありません。

しかし、それによって加害者の非が見えなくなることがあります。

そうならないように、気をつけてほしいんです。

【2】パワハラに関する知識があなたを助ける

パワハラについての知識を持つと、自分の非と、相手の非を明確に分けられるようになります。

少なくともパワハラの定義に当てはまる行為は、社会的には許されない行為であると判断できます。

パワハラについての知識が、あなたを冷静にさせてくれるのです。

なお、パワハラについての基礎知識は下記のページでご覧ください。

パワハラ解決の基礎知識ーはじめに(目次)
目次 はじめに 第1章 パワハラは、法律上の用語ではない 第2章 パワハラの定義 第3章 パワハラの証拠集めが必要な理由 第4章 パワハラの証拠の集め方 第5章「パワハラ解決」とは何か 第6章「目的」と「状況」によって、取るべき手段は異なる 第7章 取るべき手段を実行できない理由 第8章 パワハラは学習性無力感を生む 第9章 リスクに備える 第10章 アサーションを身に付ける 第11章 パワハラ後遺症に対処する おわりに 【はじめに】 「パワハラ解決の基礎知識」のページでは、パワハラに関する心理・法律・経済を含む、総合的な基礎知識を取り上げます。 その中でもこの「はじめに」ページでは、各ページの要約が書かれています。 2018年9月11日現在でパワー・ハラスメントは、法律上は定義されていません。そのため、パワハラに該当することによって、何かしらの法的効果が発生するわけではありません。パワハラに該当するからではなくて、他の法律要件に該当するから、法的効果が発生するに過ぎません。 法律上の定義がないため、各行政が独自にパワー・ハラスメントを定義しています。現在、パワハラの定義でもっとも有名なものは、厚生労働省の定義です。 行政が出している定義に該当することによって、何かしらの法的効果が発生するわけではありません。しかし、パワハラ解決に向けて行政を動かすには、少なくともその行政が出しているパワハラの定義に当てはまらなければなりません。 そして、行政を動かすために、パワハラ被害に遭っていることを示す証拠が必要となるのです。厚生労働省に動いてほしい場合は、厚生労働省が出すパワハラの定義に該当すると証明するものが必要となります。法務省に動いてもらいたい場合も同じです。 そこで大切となるのが、パワハラの証拠の集め方です。パワハラにはさまざまな類型がありますが、その類型によっては証拠を集めにくいものも多く、戦略的に集めていく必要があります。

【3】関連知識が、あなたを冷静にさせる

パワハラについての関連知識を学ぶとき、自然と脳は理性優位状態になります。

感情に支配される状態から抜け出ることができるのです。つまり、冷静になることができます。

そして、パワハラ行為は許されないという確信を持てるようになります。

「自分が悪いのではないか」という迷いがあると、状況改善に向けた行動もとりにくい。

しかし、知識を身に付けると加害者に非があると確信でき、行動に移しやすくなります。

【4】知識に基づいて行動を行おう

パワハラについての知識を身に付けて、まずは冷静になりましょう。

そして、パワハラ行為をしていることについては、加害者に非があることを確認しましょう。

あなたが現時点で、どのような選択肢を持っているのかを調べ上げて、どの解決策を実行に移すのかを冷静に判断しましょう。

ただ無謀に行動に移すのではなくて、知識に基づいて冷静に判断して、行動に移していくのです。

それによってこそ、状況は改善していきます。

この文章をお読みのあなたなら、状況を改善することができます。

ですから、しっかりと身に付け、冷静にそして確実に、行動を起こしていきましょう。

 

個別メール相談のリンクです。

⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。