パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者の言葉は、事実ではなく、意見に過ぎない。

投稿日:

【1】パワハラ加害者の言葉は、事実ではなく、意見に過ぎない。

パワハラ加害者の言葉は、事実ではありません。

加害者があなたに対して「無能だ」と言ったとしても、あなたが無能だということにはなりません。

それは単なる「意見」に過ぎないんです。

パワハラをするような人の意見を、あなたがそこまで尊重してあげる必要はありません。

【2】加害者の言葉は無視するのではなく、記録する

加害者の言葉は単なる意見にすぎません。

しかし、それを無視することはできないでしょう。

暴言を吐かれたら、傷ついてしまうのは仕方がないことです。

だから、気にしないようにすることは、お勧めしません。

気にしないようにするのではなくて、記録しましょう。

加害者の暴言内容を、できるかぎり正確にメモするんです。

それが証拠となります。

【3】証拠が多いほど、選択肢が広がる

パワハラ問題では、証拠はとても重要です。

証拠が多ければ多いほど、取り得る解決策が増えるからです。

証拠が多ければハラスメント対策部署も動かしやすくなります。労働局を味方に付けることもしやすくなります。法律家も法的手段を検討しやすくなります。証拠は多ければ多いほどよいのです。

パワハラを受けたら、誰でも傷付きます。

何も知らない人は「気にするな」とか「そんなことは、無視したほうがいい」と簡単に言います。

しかし、それができるなら苦労はしません。気になってしまうから、苦しいんですよね。

気にしたくなくても気になってしまうものなんです。

それなら、むしろ記録に残してやりましょう。証拠として残してやるんです。

被害内容を、できるかぎり詳細にメモしてあげましょう。

これに登録すると無料ダウンロードできる「被害メモテンプレート」を参考に、メモしてください。

加害者から受けた被害は、全部記録に残してやりましょう。言われたこと、されたことなど、あなたが傷ついた言動はすべて記録に残してやるんです。

パワハラ加害者が言い逃れができないように、証拠をたくさん集めましょう。

加害者の「意見」を、証拠という「事実」として残してやってください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラと戦うには、行政(労基署・労働局)の後ろ盾が必須

パワハラと戦うときに、労基署、労働局、人権擁護委員などの後ろ盾は必須です。   法律家に依頼をしても、相手方に対しては大したプレッシャーとはなりません。 なぜなら、相手も法律家に依頼すれば済 …

no image

パワハラを認識しつつ、対応しない組織に未来はない。

パワハラの事実を、組織のトップが認知しているのに取り組まない場合、その組織に未来はありません。 パワハラが蔓延することになるからです。 そのような組織で、高い生産性を上げられるとしたら、そちらのほうが …

no image

【雑記】行動記録があなたを助ける

パワハラに限らず、解決に向けた行動をとることは大切です。 そして、その行動記録をとることも大切です。 【1】行動することが大切 問題解決のために考えることは大切です。たとえば、私は今、オルタナティブ・ …

no image

パワハラの意味について、行政書士が法的に解説

「パワハラ」という言葉は、日常用語となりました。 これは和製英語で、日本で作られた言葉です。   法律上に定義された言葉ではないのですが、 厚生労働省が定義を出しています。   【 …

no image

パワハラがフラッシュバックするのは、あなたが弱いからでは決してない。

パワハラは、その職場から離れた後でも悪影響を及ぼします。 その職場のある方向に向かうだけでもフラッシュバックして、体調が悪化することもあります。 それは誰にでもあることであって、あなたが弱いからではあ …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2019年3月
« 2月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。