パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

パワハラ関連

パワハラとの戦いは長期戦だから、自己防衛法を身に付けよう。

投稿日:

パワハラ職場からは、脱出するのが一番です。

でも、さまざまな事情があって、簡単には抜け出せないですよね。

そういうときは、立ち向かいましょう。

ただし、パワハラとの戦いは長期戦です。

まずは自己防衛法を身に付けてください。

自己防衛の方法として、もっとも確実なのは「絶対的な味方」を一人見つけることです。

【1】パワハラ職場から脱出するのが一番

パワハラを受けた場合、もっともよいのはパワハラ職場から脱出することです。

異動や転職が可能なら、まずはこちらを目指しましょう。

パワハラ加害者を異動や転職に追い込むのが理想ですが、難易度が高いです。

ですから、脱出を試みるのが現実的です。

【2】脱出できないなら、戦う

異動や転職をするのが現実的ですが、さまざまな事情により、それらも難しいときがあります。

そもそも中小企業では異動する部署自体がないこともあります。

転職をすると収入が大きく下がることもあります。

このような場合は、パワハラと戦っていくしかありません。

【3】長期戦だから、まずは防御と回復に力を入れる

パワハラと戦う場合、間違いなく長期戦になります。

パワハラ行為をストップさせるには、小さな行動を積み重ねなければなりません。

証拠を集めるにも時間が必要ですし、味方を増やすにも時間が必要です。

同僚や上司、パワハラ対策部署に相談をすれば解決できるようなものではありません。

長期戦とならざるをえないため、どうしても防御と回復に力を入れる必要があります。

パワハラ加害により受けるダメージを少なくし、ダメージからの回復を早くできるようにする必要があります。

【4】その場で被害メモを取ることから始める

パワハラ加害者による攻撃を受けたら、すぐにその場でメモ帳を取り出しましょう。

そして、その加害行為を詳細にメモするようにしてください。

もし詳細にメモするのが難しいのであれば、日付、時間、相手の言葉をメモしましょう。

例えば「7/7(日)11:03『頭がどうかしてるんじゃないか」』という風にメモをします。

日付と時間を書き、さらに相手の言動を客観的にそのまま書き留めます。

言動をメモするときは、まるで録音を再現するかのように、もしくはビデオを再現するかのように、客観的に書きます。「怒鳴られた」ではなく「事務所中に響き渡るような声の大きさで」というように書きましょう。

その場で被害メモを取ることが、そのまま防御になります。

メモ帳を取り出している相手に対して、攻撃をし続けられる人は少ないからです。

監視カメラがあるところで犯罪を行う人が少ないのと同様、その場でメモ帳を取り出すことで「見られている感覚」を与えることができ攻撃を弱めることができます。

【5】「絶対的な味方」を1人見つける

被害メモを集めることは防御であり、証拠集めにもなります。

しかしながら、それだけでは自分の心を守りきるのは困難です。

自分の心を守り続けていくときに、もっとも大切となるのが「絶対的な味方」です。

何があってもあなたの味方でいてくれる人がいることです。

あなたにとっての安全基地となってくれる人が1人いれば、私達は自分を保ちやすくなります。

ですから、絶対的な味方を1人見つけましょう。

職場内にいるのが理想ですが、いなければ職場外でも構いません。

心療内科の先生、カウンセラーもしくは、私のようなコーチでも構いません。

「世界を敵に回しても、あなたの味方でいる」というような人を、1人見つけてください。

そのような人を見つけるのは決して簡単ではありませんが、このような人がいれば長期戦も戦い続けることができます。

パワハラは長期戦です。

長期的に戦うには、自己防衛法を見つけておく必要があります。

自己防衛する方法として、もっとも確実な方法が「絶対的な味方」を作ることです。

誰か1人でも絶対的な味方がいれば、私たちは自分を守りやすくなります。

あなたを守るために、絶対的な味方を1人見つけましょう。

もし、見つからなかったら、私を頼ってくださいね。

個別メール相談
http://pawahara.info/mail

個別電話(オンライン)相談
http://pawahara.info/consultation

-パワハラ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ被害に遭っている人が、休日にしておくべきこと

パワハラ被害に遭っている人に、休日にしておいてほしいことがあります。 それは転職活動と、副業です。 この2つは必ずしておいてほしいです。 【1】転職活動をしておく パワハラ被害に遭い続けると、どんどん …

no image

パワハラを受けているが、転職できないときにするべきこと(エフェクチュエーション的思考法)

どうしても転職できる自信がないなら、副業に取り組んでおくのをおすすめします。 現在はいろいろな副業があります。インターネットで検索してみれば、すぐに見つかるはずです。 — 三國雅洋:パワハラ解決アドバ …

no image

パワハラ加害者から自分の心を守るために、あなたがするべきこと。

パワハラ加害者から毎日攻撃を受ければ、誰でも自己肯定感・自己評価は下がります。 気にしないようにしても、忘れようとしても、簡単にはできないものです。 パワハラを受ける期間が長ければ長いほど、無意識に自 …

no image

パワハラ被害者に、非はない。

パワハラを相談をすると、「あなたにも非がある」と言われることがあります。 これによって傷つく人が、いまでも後を絶ちません。 しかし、被害者に非はありません。 パワハラをする加害者が未熟なだけです。 【 …

no image

パワハラによるショックを和らげ、回復を早くするには?

パワハラを受けると、誰でも冷静ではいられなくなります。そうするとミスが増えてしまう。 早くその状態から逃れることは大切なことなんです。 — 三國雅洋:パワハラ解決アドバイザー (@artof_chal …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。