法律関連」カテゴリーアーカイブ

嫌味も、パワハラに該当する。

個別メール相談のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   嫌味を言うぐらいなら、パワハラじゃないと思っている人が多いです。 そして、「嫌味など気にしなければいい」というアドバ … 続きを読む

カテゴリー: パワハラの6類型, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

「お前」呼ばわりはパワハラか?厚労省の定義に従って、専門家が解説。

「お前」と呼ぶことは、パワハラに当たるでしょうか。 厚生労働省の定義に従って、考えてみましょう。 【1】厚生労働省の定義 パワー・ハラスメントというのは、法律上の定義ではありません。 そのため、各行政機関が独自にパワー・ … 続きを読む

カテゴリー: パワハラの6類型, 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

なぜパワハラ被害メモを作らなければならないのか?

  パワハラ被害を受けていても、 それをメモしている人は、ほとんどいません。   たしかにメモを取るのは大変です。 しかし、パワハラ対策においてメモほど大切なものはありません。   【1】メ … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

行政にパワハラ相談に行く前に、電話相談をしておこう

行政機関(労働局・労基署)にパワハラ相談をするときは、 まずは電話相談をするようにしましょう。 予約を取らずに行くことも可能な場合が多いですが、 まずは電話で相談しておくほうが、さまざまなメリットがあります。 &nbsp … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラを行政に相談するのにリスクはない。

パワハラ問題を、内部だけで解決するのは困難です。   そういう自浄作用が働かないからこそ、 パワハラが生じています。 パワハラを解決するには、何かしらの外部機関の協力が不可欠です。   【1】行政に相 … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

「パワハラから抜け出して、どうなりたいのか」が絶対必要

パワハラ被害者は全員、現状から抜け出したいと思っています。 それも強く、思っています。 しかし、それだけでは現状打破のための行動は起こせません。   【1】インプット⇒ボトルネック⇒アウトプット アウトプットの … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラを受けて、体調を崩し始めたらどうすればよいのか?

パワハラを受けて体調を崩し始めたら、 一体どうすればよいのでしょうか?   これについては、私の結論は1つです。   【1】体調を崩し始めたら、猶予はない パワハラというのは、公になった時点で緊急事態 … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

『あかるい職場応援団』で、パワハラかどうかをチェックしよう。

もしあなたの受けている言動が、 「パワハラじゃないのか」と思ったら、 「あかるい職場応援団」というサイトでチェックできます。 これは政府が運営するサイトですから、ここでチェックするのが一番です。   【1】悩む … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラで退職するのに、引き継ぎをしなければならないのか?

パワハラで退職に追い込まれる。 それなのに、引き継ぎをしなければならないのでしょうか? 引き継ぎをする義務というものが、あるのでしょうか?   【1】引き継ぎをしてほしいなら、パワハラをなくせばいい まず大前提 … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラを理由に、即日退職できるのか?:パワハラ解決コンサルタントが法的解説

行政書士・プロフェッショナルコーチの三國雅洋です。 今回は、法律編「パワハラにより、即日退職できるのか」について、解説したいと思います。 先に結論を書けば、「権利はないが、有給休暇を利用すれば即日退職ができる」となります … 続きを読む

カテゴリー: 法律関連, 退職できないジレンマを解消する。 | コメントする