「スキル交換」によるサービス提供をします。

有料版(スキル交換可能)は、下記のページからお申込みください。

【1】無料でサービスを受けることへの罪悪感を払しょくするため

パワハラ被害者の中には「すごくいい人」が多く、

完全無料でのサービス提供に、

罪悪感を持つ方がいらっしゃいます。

 

【2】無料サービスの有料版を作成しました。

そこで、無料で提供しているサービスについて、

有料でも提供することにしました。

もし無料でサービスを受けることに抵抗がある方は、

下記ページの「有料版」というものから、お申込ください。

【3】「スキル交換」、タイムバンク制度による金銭以外での対価

ただ、有料となるとお金を払えない方が出てきます。

そこで、「スキル交換」というものも取り入れようと思います。

  1. あなたの時間を少なくとも12時間分、提供してください。
  2. 最初の1時間で、あなたが社会に提供できる価値を一緒に探します。
  3. 残りの11時間以上であなたに提供できる価値で、私が提供を望む価値について合意をします。
  4. 実際にスキルを提供してください。

たとえば、あなたがイラストを描くのが得意だとします。

 

そうしたら、私のサイトで使用するイラストを描いていただくことで、

報酬とするのです。

 

【4】提供できるスキルなんてないと思うなら

もし何も提供するものがないとあなたが思った場合は、

最終手段として、私のサービスの改善へのご協力をいただくことにします。

たとえば、次のようなことをしていただきます。

  • 私が提供するサービスを申し込むときに躊躇した点、不安だった点、分かりにくい点を教えていただく。
  • メルマガ、ブログでもっと書いてほしい内容があれば、教えていただく。
  • ご指摘の点に基づいて、改善したサービスについて改めてご意見をいただく。
  • 新しいサービス案についての率直な感想をいただく。
  • クライアントの声(匿名)をご提供いただく。

これを12時間のミーティング時間をとっていただき、お話しをお伺いします。

 

私は、「いい人」の支援をしたいと思っています。

ですから、できるだけあなたにとって、

よりサービスを申込みやすい形式を作りたいと思っています。

もし、こんな風なものがあると嬉しい、というものがあれば

ぜひコメントいただきたいです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn