【パワハラ被害者限定】プロフェッショナル・コーチ養成講座

【1】パワハラは、自己イメージを下げる

パワハラは、自己肯定感・自己効力感を引き下げます。

自分に対する信頼が、奪われていきます。

「自分は存在する価値があるのか」、「自分は無能ではないのか」と、つい思ってしまうのです。

 

味方がいない状況で、自己肯定感を保つのは簡単なことではありません。

物事がうまく進まないときに、自己効力感を高く保つのも同様です。

ですから、自分を低く評価してしまっているとしても、それは当然のことだと思います。

 

【2】わたしが、あなたに望むこと

ですが、私は、あなたに、凛としていてほしいのです。

加害者に対して、精神的には圧倒していてほしい。

 

加害者にやり返しをするのは、リスクの関係上、できないかもしれません。

加害者への反撃は、なにかしらへのパワーへの反撃です。

そこには必ずリスクが伴うため、どれほど精神的に優位でも、反撃できるとは限りません。

ですから、反撃はできなくてもよいのです。

ですが、そのような障害がなければ、反撃をできるという高い自己イメージを持ち続けてほしい。

そう思っています。

Self EsteemCreative Commons License Jeff Djevdet via Compfight

【3】カウンセリング・暗示では、できない

しかし、そのような高い自己イメージは、カウンセリングでは身につきません。

カウンセリングはあなたの自己イメージを、元に戻すことは可能でしょう。

しかし、あなたの自己イメージを、はるかに高めることはできません。

 

自己暗示でも不可能です。

自己暗示をかければ、現実を無視することはできるかもしれません。

しかし、それでは賢明な行動を取ることができません。

 

あなたに必要なものは、「自分らしさ」を徹底的に高める技術です。

 

【4】グリーンベレーの自己評価

コーチングは、もともとはスポーツから発展しました。

そして、それは軍隊の中にも取り入れられています。

コーチングの創始者ルー=タイスは、陸軍特殊部隊グリーンベレーにも、コーチングを導入しているのです。

 

このコーチングの中心にあるのは、エフィカシーを高める技術です。

エフィカシーとは「自己のゴール達成能力の自己評価」と定義されるものです。

「自分にはゴールを達成する能力がある」といかに確信できるか、とも言えます。

 

 

特殊部隊が、困難な状況に追い込まれたとき、弱音を吐くわけがありません。

困難なミッションを与えられてとして、それを諦めるはずがありません。

どのような状況でも、「私達なら必ずこの状況を打破できる」と思うはずです。

それでこそ、特殊部隊足り得るのです。

 

そして、そのような強靭な自己評価を作るのが、コーチングの肝なのです。

New Jersey National GuardCreative Commons License The National Guard via Compfight

【5】カウンセリングは癒す技術

カウンセリングの本質は、癒すことです。

ですから、どれほど技術が素晴らしくても、グリーンベレーを育て上げることはできません。

カウンセリングを受けることで、あなたはあなたの「普通」を取り戻すことができるでしょう。

しかし、あなたの「普通」を超えることはできません。

そもそもが、そのような技術ではないのです。

 

どのような状況においても「自分ならばできる」と確信を持ち続けらえる。

辛い状況を認識しつつ、冷静に、ミッションやゴール達成にために最適な行動を取り続けることができる。

そのようなメンタルセットを作り上げることができるのは、現在のところコーチングだけです。

 

【6】高いエフィカシーを身に付ける方法

では、どうすれば高いエフィカシーを身に付けることができるのでしょうか。

そのための方法は、さまざまなものがあります。

その中でも、セルフ・コーチングの手法としては、3つが有名です。

  1. セルフトークのコントロール
  2. ビジュアライゼーション
  3. アファメーション

 

このうち、セルフトークのコントロールは、ノーリスクで実行可能であり、効果的でもあります。

 

ですが、自己イメージを高めるのに、もっともっと効果的な方法があるのです。

 

【7】コーチングがコミュニケーションスキルとして広まった理由

コーチングは、ビジネスにおいて、コミュニケーションスキルとして広まりました。

今でもコーチングというと、傾聴のスキル、質問のスキルを学ぶものだと思う人がいます。

もしコーチングが傾聴のスキル、質問のスキルであれば、セルフ・コーチングなどありません。

自分で自分の話を聴くスキルなどありませんね。

 

コーチングの本質は、やはり、クライアントのエフィカシーを上げる技術なのです。

そうであれば、セルフ・コーチングとは、自分のエフィカシーを高める技術を言います。

 

では、なぜコミュニケーションスキルとして広まったのでしょうか。

それは、コーチングは本来、チーム全体のエフィカシーを上げるためのものとして、生まれたからです。

 

【8】コーチングは、チームのエフィカシーを高めるもの

コーチングの創始者ルー=タイスは、もともとバスケットボールチームのコーチでした。

伝説のコーチと呼ばれるジョン=ウッデンも、リック・ピティーノも、バスケットボールのコーチです。

だからこそ、グリーンベレーに採用が可能なのです。

 

では、コーチングを行うとき、コーチは一人一人に対して働きかけをするのでしょうか。

もちろん、そうではありません。

チーム全体に対しての働きかけをするのです。

 

それはつまり、チーム全体のエフィカシーを上げることにほかなりません。

KetteringNorthampton-08Creative Commons License Nick Hubbard via Compfight

【9】チームの全員が、お互いのコーチである

チーム全体のエフィカシーを上げるとは、どうすれば達成可能なのでしょうか。

それは、チーム全員が、お互いのエフィカシーを高めればよいのです。

 

全員が強いラポールで結ばれながら、かつお互いが高い基準を求めるチームです。

「君ならできる」「私達ならできる」と言いあうチームを作るのです。

そうすれば、エフィカシーには理論上上限はなくなります。

お互いにエフィカシーを上げ続けることになるからです。

 

【10】エフィカシーの低いコーチはいない

エフィカシーの低いコーチはいません。

では、なぜコーチはエフィカシーが高いのでしょうか。

苦しいはずの状況でも、冷静に行動を取り続けられるのでしょうか。

それは、コーチングをしているからです。

 

コーチは、他人のエフィカシーを高める働きかけをしています。

そうすることで、自分のエフィカシーを高めているのです。

 

これが、エフィカシーを高めるための秘訣です。

つまり、エフィカシーを高めたければ、他人のエフィカシーを高めればよいのです。

 

なぜグリーンベレーが高いエフィカシーを高め続けられるのか。

なぜ常勝校が強いのか。

それはお互いにエフィカシーを高め合う空間ができているからです。

 

【11】コーチとなることで、エフィカシーを高める

ですから、私もあなたに、コーチとなってほしいのです。

コーチと名乗るかどうかは別として、他人のエフィカシーを高め続ける人になってほしい。

様々な技術を用いて、そして理論的に、クライアントのエフィカシーを高め続けるのです。

日常で接する人に、もしくは情報発信の受け手の人々のエフィカシーを高めるのです。

そうすることで、あなたのエフィカシーも自然と高まっていきます。

 

コーチとして日常を過ごすことによって、あなた自身もエフィカシーを高めざるを得なくなります。

コーチとしての自分という自己イメージが、あなたのエフィカシーを高めます。

それがパワハラに対して毅然と、冷静に、対応できるあなたへと、つながるのです。

when the S falls off -- castro details, scott richardCreative Commons License torbakhopper via Compfight

【12】接する人を高める人となる

『【パワハラ被害者限定】コーチ養成講座』は、プロフェッショナル・コーチとなる講座です。

ただし、このコースにはマーケティング講座は含みません。

この講座のゴールは、あなたが、接する人を高める人=コーチとなることです。

それによって、自分のエフィカシーを徹底的に高め、物事に毅然と対応できる人間となるための講座です。

 

【実施方法】

コーチングについては、三國の独自テキストを送付します。

その上で、コーチ養成講座を6ヶ月に渡って行います。

ただし、コーチ養成講座は原則として、最初の1ヶ月で一気に理論と実践を行います。

 

最初の一か月で、ほぼ理論と実践をマスターした状態になるのです。

その上で、残りの6ヶ月で、理論と実践の理解を深めていきます。

つまり、日常生活でコーチングを行い続けて、コーチング技術を高めていくのです。

 

その上で、三國の個別の定期セッションを行います。

これはコーチングをより体感に落としてもらうためです。

基本的には6ヶ月間で、毎月60分間のセッションを1回以上、実施します。

 

セッション時間外では、メール・チャットで日々のサポートを行います。

 

【条件】

ただし、このコーチ養成講座は、パワハラ被害を現在受けているか、もしくは被害経験者限定です。

その状態を満たさない人に対しては、この養成講座を提供しません。

 

なぜなら、この講座の目的は、あなたのエフィカシーを徹底的に高めることだからです。

あなたが、パワハラ加害者に対して、毅然と、凛として、冷静に対応できるようになることだからです。

 

もしあなたが本気で自分を変えたいと思っており、どのような状況でも自分を信じられる人間になりたいのでしたら、ぜひお申し込みください。

コーチ養成講座は、一人一人へのサポートがあるため、大人数相手にすることはできません。

もし本気で変化を望まれるのであれば、早めにお申し込みください。

【料金】

内容 適用
コーチング・オリジナルテキスト 1冊
コーチ養成講座 1回60分×6回以上

開始月に3回以上

コーチング・セッション 1回60分×6回
メールサポート 回数無制限
金額(パワハラ被害者限定) 個別WEB説明会の応募者にのみ公開 
支払方法
  • 銀行振込(一括)
  • クレジットカード(一括または分割)
募集時期 3名まで(その後は未定)


お申し込みは、下記のフォームからお願いいたします。


コーチ養成講座 個別WEB説明会(無料)


私はパワハラ被害者です。私はパワハラ被害経験者です。


ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn