パワハラという心理戦の戦い方講座

このページにお越しいただき、ありがとうございます。

もし、次のどれか1つにでも当てはまるなら、ぜひ読み進めてください。

  • パワハラを受けている
  • パワハラ行為をストップさせたい
  • パワハラ加害者に対して、報いを受けさせたい
  • 法的手段はできるだけ取りたくない
  • 自分が会社を辞めるのはイヤだ
  • 精神的にもっと強くなりたい

【1】「パワハラとの戦い」に見る勘違い

「パワハラで訴えたら?」と、多くの人が言います。

この前提には「訴えたらパワハラはストップする」という考えがあるのでしょう。

しかし、パワハラ問題というのはそんなに簡単なものではありません。

【2】専門機関に相談すれば変わるのか

パワハラには、さまざまな相談機関が用意されています。

大企業であればハラスメント相談室があるかもしれません。外部には労働局でも相談できますし、法テラスでも相談できます。

しかし、次のような声を聴いたことがあるかしれません。

「ハラスメント相談室に相談に行ったが、何もしてくれなかった」

「労働局に相談したが、結局、何も役に立たなかった」

「労働組合に相談したけれど、何も変わらなかった」

専門機関に相談したとしても、専門機関が実際に動いてくれることなんて、ほとんどありません。

【3】ゴールが間違っているから、方法を間違う

なぜ多くの人が、「パワハラで訴えたら?」と言うのでしょうか。

そして、なぜ多くの人が「○○に相談しても、何も変わらなかった」と言うのでしょうか?

それは、ゴール(目標)が間違っているからです。

もし加害者や組織に対して訴訟を起こしても、加害者も組織も何も変わりません。

ゴールが間違っているから、取るべき手段を間違っているのです。

【4】パワハラは心理戦である

パワハラは法律上の戦いではありません。

パワハラは心理戦です。あなたの心を守り、相手の心を折る戦いです。

加害者の、あなたに対する加害の意思をゼロにする戦いです。

法律上の戦いだと思うから、「訴えれば?」という助言になるのです。

専門機関に相談すれば解決すると思ってしまうのです。

しかし、実際はそうではないのです。

【5】パワハラは心理戦である

パワハラは、心理戦なんです。

加害者の心を折る戦いなんです。

そして、あなたの心を守る戦いなんです。

どこかに相談したら解決するというものではありません。

「○○に相談した」という事実を用いて、攻撃をする心理戦です。

専門機関に相談するのは、加害者に対する心理的攻撃手段の1つにすぎないのです。

【6】心理戦だからこそ、やるべきこととやってはいけないこと

パワハラとの戦いは心理戦だからこそ、一気に徹底的に躊躇なく行うべきなんです。

相手の予想を超えて行動を起こすからこそ、相手はあなたに恐怖する。

一方で、パワハラ加害者に恐怖を与えることができない、中途半端な攻撃はしてはいけません。

そのようなことを繰り返すと、どんどんエスカレートします。

あなたの行動が、相手の心を折ることに役立っているかどうかが大切となるのです。

【7】心理戦の戦い方をプロから学ぶ

心理戦の戦い方なんてものは、誰も習ったことがありません。

だから、あなたがそれを学べば、加害者に対しても圧倒的に有利になります。

格闘技を学んだことがある人とない人が、勝負にならないのと同じです。

私は法律職であり、プロのメンタルコーチです。

あなたに、本当の心理戦の戦い方をお伝えします。

【8】加害者は、心理戦に弱い

パワハラ加害者は、戦いに慣れているわけではありません。

ただ、攻撃しやすい相手を狙っているだけです。

反撃をしてこない相手を狙っているだけです。

だから、ある程度、戦う技術を身に付けたら絶対に勝てます。

【9】講座&説明会

『パワハラという心理戦に勝つ講座』は、平成29年7月限定の講座です。

下記日程で講座&個別説明会を行います。個別説明会の時間は、ご希望に合わせます。

7月10日(月)

7月17日(月)

7月24日(月)

7月31日(月)

ご希望の方は、下記のフォームからお申し込みください。

参加費:5,400円(クレジットカード払い特別価格 4,320円)

もしくは、artofchallenge@gmail.comまで、メールでご連絡ください。


電話スカイプグーグルハングアウト



銀行振込クレジットカード

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn