パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラで仕事を辞めたいけれど、辞められないなら、するべきこと。

投稿日:2017年3月2日 更新日:

パワハラを受けて仕事を辞めたい。

しかし、辞められない。

こうなると多くの人が、身動きが取れない状態になります。

そして、「耐える」という選択肢を選びがちになります。

 

しかし、そのような現状維持では何も変わりません。

辞めたいけれど、辞められないというジレンマを

解消することを志しましょう。

the warby parker dilemma, scott richardCreative Commons License torbakhopper via Compfight

【1】辛いときは、視野が狭くなる

現状が辛いときは、視野が狭くなります。

感情が優位状態になって、理性が働きにくくなるのです。

 

理性が働きにくい状態ですから、

当然に解決策も見つかりにくくなります。

 

すると、多くの場合は「耐える」という方法を選びがちなのです。

 

ジレンマを解消しようという意識さえ、

浮かばない状態になります。

 

【2】視野を広げるためには、リラックスが必要

ジレンマを解消するための第一歩は、

理性優位状態を取り戻すことです。

 

パワハラは被害を受けている人にとっては、

とても屈辱的な言動です。

ですから、かなり意識をしないと感情優位状態になります。

 

感情的でありつつ、

理性的であることはありません。

 

大脳辺縁系が優位か、

前頭前野が優位かのどちらか2つに1つです。

 

ですから、パワハラ被害を受けている場合は、

意識して理性優位状態を取り戻す必要があります。

 

では、どうやったら理性優位状態を取り戻せるかと言えば、

その第一歩がリラックスなのです。

 

【3】リラックスしているときに、理性優位状態になる

人間の脳のモードを大きく2つに分けると、

「闘争・逃走モード」と、

「休止・計画モード」に分かれます。

 

「闘争・逃走モード」とは、

アウェイにいる状態で、感情優位状態です。

 

「休止・計画モード」は、

ホームにいる状態で、理性優位状態です。

 

つまり、「休止・計画モード」とは、

家でくつろいでいる状態です。

人間は、くつろいでいる状態で、

頭を働かせるようにできています。

 

ですから、リラックスすることが、

理性優位状態になるための第一歩なのです。

 

【4】リラックスした上で、ジレンマに取り組む

リラックスして理性を優位状態にしてから、

次にジレンマに取り組みます。

 

ジレンマを解消したい場合は、必要性に注目しましょう。

会社を辞める必要性は何か?会社を辞めないでいる必要性は何か?

この2つの必要性に注目するのです。

 

たとえば、

心身を守るために会社を辞める必要があり、

必要最小限の収入を得るために会社にい続ける必要性があると、

思っているとします。

 

それなら、”心身を守りつつ、必要最小限の収入を得る方法”を探せばよいのです。

そのための一番簡単な方法は、おそらく転職です。

転職ができない場合は、副業という手段があります。

 

つまり、会社を辞めたいけれど辞められないときにするべきことは、

副業を始めることです。

 

もちろん、それは退勤後にできるものである必要がありますから、

そうなると、時間的に余裕が持てる、

インターネットを使った副業となるでしょう。

さらに、時間的余裕を持つためには、

高付加価値のものである必要があります。

 

もちろん、必ずしも副業をする必要はないのですが、

多くの場合、現実的に考えていくと副業という形になるのです。

 

ですので、会社を辞めたくても辞められないときは、

副業をという手段を、ぜひ選択肢に入れてください。

そして、できれば、今すぐに副業について調べてみてください。

 

もし、どんな副業がよいかについて迷いそうなら、

いつでもお声をおかけください。

きっと、お役に立てると思います。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:

関連記事

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

パワハラを行政機関に相談するときは、法律家と一緒に行く。

労働局、労基署に、パワハラの相談に行くとき、可能であれば法律家と一緒に行きましょう。 法律家と一緒に行くだけで、担当者の対応が大きく変わるからです。 ELSA International via Co …

no image

自己犠牲は、誰のためにもならない。

パワハラ被害を受けている方の中には、家族のために、または同僚のために会社を辞めたい人が多くいらっしゃいます。 自分を犠牲にして、他の人を守ろうとされています。 これは、とても美しいことです。 ですが、 …

no image

いじめ・嫌がらせを受ける「優しい人」のための、相手を傷つけない話し方

いじめ・嫌がらせを受ける人は、「優しい人」が多いです。 故意に人を傷つけることに、激しい嫌悪感を持っています。 たとえそれがパワハラ等の加害者であったとしても、傷つけることが怖くてできないのです。 で …

no image

経営者として、職場のパワハラ解決のためにするべきこと

経営者としてパワハラに困っているなら、「小さい指摘」をおすすめします。 パワハラ的行為がある都度に、「それはよくない」と軽くでも指摘するのです。 大切なことは放置しないことで、これは組織としても、法的 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。